おやじアークスの挑戦(101) -Ep6はどうなるでしょうね-

 あと数日でいよいよEp6が始動します。
 何年か前、Ep5が始まるときは、しばらくプレイしていなかったチームの人たちが戻ってきてくれたりしたので、凄く喜んで復帰した人向けの記事を書いたりしましたが、今回はそういうことは無さそうです。今のところ、Ep6こそ復帰するべきときのようにも見えますが、蓋を開けてみないとわからないこともありますので。

 4月はEp6に向けて?ということで、★15武器や★12ユニット入手を手伝うキャンペーンが繰り広げられています。というか、★12ユニットに関してはオフス3部位のプレゼントというド直球ですね。ただ、ある程度プレイはしないと駄目なようにはなっているし、オフス防具ならまあ強力すぎるということもないので良いのではないかなとも思います。

 そんな中で、★15長槍『光跡槍アドラシオン』を作ったことは、過去記事でも書きました。で、4月17日から始まったドゥモニ弱体化の折に、無理矢理ではありますが、打撃200以上になるような OP盛りに挑戦しました。というのも、気まぐれで削った「支援アイテムセレクト」のスクラッチで『特殊能力(打撃&PP/3)』が当たったんですね。これを使うとしたら、もうシオン槍しか無いだろうと思ったし、そうであるなら 200以上を目指すべきだろうなというわけです。

 少しだけ解説をしておくと、200以上と思った理由は、シオン武器の特殊因子にあります。打撃武器の場合は「S1:打撃増幅」というのになるのですが、その効果は 打撃強化60ごとに 1%、200以上で更に 2%のダメージ増加、なんですね。つまり+180なら +3%、+200以上なら +5%になります。そのため +200が目標になるのです。

 『特殊能力(打撃&PP/3)』は「グレース・パワー」という特殊能力になり、その効果は「打撃50・PP5 」という極めて強力なものです。あと +150ということになります。かといって、「アストラル・ソール」だの「マナ・レヴリー」だのの激盛りOPを用意するには時間も財力も足りません。
 そこで色々調べた結果、本当に無理矢理なのですが、「アプレンティス・ソール (打射法40)」「ペルソナ・レヴリー(打射法40・打射法防御-20)」「モデュレイター(打射法30)」「パワーVI (打45)」を更に添えるように考えました。これで 打撃205になり、目標は達成となります。
 「アプレンティス・ソール」「ペルソナ・レヴリー」がついた8スロ武器が30万ぐらいで買えたので3つ購入でクリア。「モデュレイター」と「パワーVI」は特殊因子を使って継承させました。なので、素材さえ揃えば継承自体は100%に出来るという寸法です。正確には「ペルソナ・レヴリー」だけは今じゃないと 50%なので、ドゥモニ弱体化の恩恵は受けていると言えます。

 また、8スロにしなければならないということで、特殊因子を持った武器2つは 穴あけもしました。というのも、8スロ穴あけって、素だと最後は成功率が最大で30%なのです。それを8つ全て成功させなければなりません。
 最初の1つは「錬成の導き」を先につけて +5し、さらに成功率+50が1つ残っていたので、それも投入。さらに弱体化で +10なので最終確率は 95%×8となり、これは無事に成功しました(信用出来ないことも多いんですけどね…)。
 しかし2つ目は「錬成の導き」ももうストックは無く、成功率アップも+40しか無い状態なので、成功率は80%×8になりました。これは8連続で成功する確率を計算すると 16.7%です。なかなか厳しいですが、これは弱体化の+10があるからで、通常は70%×8となり、その成功率は 5%ほどになってしまいます。今のこの時期に成功させなければ、相当に苦しいことになるのは明白なので、とにかく成功するまで頑張ることにしました。

 で、エクスキューブが2500個なくなりましたとさ。

 モニカは一度も成功させること無く「波が悪いな」と思ってその日は撤退。次の日ドゥドゥに相談したら、数回のトライで成功してくれました。やっぱり「モニカは駄目な子か」と思わざるを得ません(あくまで個人的な印象です)。

 ともあれ無事に8スロ素材5つを揃えることが出来たので、そのままの勢いでOP付けまで完了させ、無事に打撃205の『光跡槍アルバシオン』が完成したのでした。そうなると、ちょっと試し切りがしてみたいなと思い、ソロではほとんど行く気になれなかった 火山XH に行ってみました。

 さすがに雑魚も固いのですが、倒せない相手ではなくなっています。

画像

 レベル80のクローム・ドラゴンに遭遇しましたが、あまり苦労せずに倒すことが出来ました。あからさまに火力が違う。数値性能もさることながら、やはり潜在能力とSOPの相乗効果が効いているように思われます。

 そしてもうすぐ出なくなるというエルゼリオンがレベル85で出現しました。

画像

 さすがにレベル85の相手は辛い。床舐めなしというわけには行きませんでした。それでもソロで倒すこと自体は出来ました。ちゃんとダメージを与えることが出来ている印象です。もう最後の方は例の全体攻撃を回避する練習みたいな感じになってたので、余計な床舐めがあったぐらいで。自分だけしかいなかったから、いい機会なので色々練習台になってもらえました。

 そして、この結果から「アプレンティス・ソール」+「ペルソナ・レヴリー」は汎用装備に使えるのではないか?と思えてきました。この組み合わせの武器やユニットは、シップ3だと割と安価で購入できる(20~30万程度)ので、特にクラスを選ぶこと無く装備できるようにしたいユニットの方を、これ主体で組むようにしてみました。この2つだけで打射法80になりますからね。防御-20はもうそんな気にしなくても良いかなと思うわけです。「アビリティ3」とか付けるだけでも、かなりマイナスは抑えられる上に、打射法は更に+15されて、+95になりますからね。
 さらに「ミューテーションI」とか「ドゥームブレイクI」とかも重ねれば、打射法全て100以上がかなり楽に実現できることにもなります。

 12ユニットはリングスキルの兼ね合いもあるので、そう簡単に切り替えはできないのですが、ここ最近のリングスキルのクラススキル化に伴う付け替えがあまり進んでいなかったので、そうしたユニットについて切り替えを進めることにしました。そうすると、かなり戦力的には安定してきた印象です。

 これはTOSがチェインで軽くカンストを決めたときのものです。


 これはエーリッヒがトレイン・ギドラン相手にカウンターをずんどこ決めたもの。ダメージの数値が上がった印象です。


 そして狼牙爺さんはSHとはいえエルゼリオンを圧倒できるようになりました。


 なかなか良い感じで全体の火力底上げになったようです。というか特に狼牙爺さんとかはユニットがかなりおざなりになっていたことに今回気づきまして、だいぶ良いものに切り替わったかなあとは思います。

 正直、今後実装されるという難易度UHがどんなものかは分かりませんが、恐らくXH以上に酷いことにはなるような気がします。そこに出向けるようになれれば良いのですが、さてどうなるでしょうね…。


 あと、まだユニット新調前なのですが、クルースの動画も一つだけ。


 フレンドさんとだべりながらなのですが、ヒューイがエンプリオヴァーダーやらダーク・アグラニやらを連れてくるという鬼畜Eトラに付き合わされました(笑)。このときのクルースのクラスはTe/Huですが、敢えて『ヴラドブラム』を持って槍を使っています。普通に短杖使うのはエーリッヒが存分にやるので、クルースは好きなようにさせてもらっています。バーン状態を治すのにアンティ使ったときに「スーパートリートメント」のおかげでHP回復しているのが、テクターっぽいところかなと(笑)。
 テクターが装備できる槍としては今の時点では最強がこれなのですが、すぐ先に全クラス装備できる★14長槍が増えるとのことなので、そうするとテクター時の武器としても捗ると思われ楽しみにしています。

 そんな感じで Ep6に向けた準備も出来る範囲で進めているような状況です。始まったら、クルースは長杖、TOSは長銃、エーリッヒは抜剣を持ってファントムに一斉にクラス替えする予定です。公式のファントム動画も見ましたが、今のところ全然わからんというか(笑)。実際に触れて色々やってみないと何とも言えないクラスだなあと思います。

 ファントムキャラのコス/パーツは男女いずれも実に良いデザインで是非とも欲しくなりますね!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック