★★★ twitch動画埋め込みについて ★★★
2020年7月より前の記事について、twitchの埋め込み動画が全てエラー表示出ていると思います。これは twitchの仕様が変わったためで、全部直して回る余裕は正直ない状況です。
エラーになってる画面上部のゴーストっぽいアイコンや、画面右下の「twitch」という文字をクリックすると、私の twitchチャンネルの当該動画に飛べますので、動画をご覧になりたいときは、この方法をお試しください。

【2015年8月版】アークスシップに放り出されたその後は(11) -クラフトも悪くない-

サブタイトルに記事の記述/修正時期を明示することにしました。以後、随時修正を入れていくこととし、前版から修正した部分は青字で示すこととします。

 過去記事(1)~(10)については、ひと通り加筆修正を終えました。これでWEB検索されても恥ずかしいことは減ったはずです。で、最後の(9)(10)あたりで「クラフトについて書く」と言っておきながら、書いていなかったものを今更ですが書いていこうと思います。
 いや、当時結局書かなかったのは、それこそ初心者に勧めづらい仕様だったからなのです。現状でもとにかくお金のかかる作業ではありますが、相応にやってもいいかな?という仕様になっているので、今後の装備を作る一つの策として紹介してもいいかなとなった次第です。

 まず「クラフトとは何か?」からちゃんと説明をしておきましょう。

 これは武器・ユニット・テクニックを対象に独自の強化をする作業です。今できることは以下。
・武装エクステンド
・PAカスタマイズ
・テクニックカスタマイズ
・時限能力インストール
 いずれも一長一短はあるので「必須の作業」というわけではなく、意味を理解した上で独自の改造をしていく…というタイプのものです。従って「初心者向けのコンテンツ」とは言いがたいところはあったりします。

 が、「デイリークラフト」というのが いつでも誰でも出来るようになっており、とりあえずこれは進めておいても損はないので、そこでどうしてもクラフトの画面を見ることにはなるとも思うのですね。それなら何も知らないままやるよりは、ある程度のことは知っていたほうが良いだろう、というわけです。


■まずはラインの確保
 どんなクラフトをするにしても、そのためには空いている生産用の「ライン」が必要です。
 キャラクターごとに最大で9ラインを持てます。1つは無条件、2つはクラフトレベルが上がれば入手、プレミアムを入れていればさらに3つ、ACを使って3つ追加出来ます(一度ACを使えば、追加したラインはずっと使えます)。

 クラフトの作業をすると、その時に使ったラインは そのクラフトの作業ごとに決まった時間クールタイムに入り使えなくなります。高ランクのクラフトをすると1時間単位でクールタイムが発生し使えなくなるのもザラになります。
 『リリパリウム』というアイテムを使うことで、その場でクールタイムを短縮できます。リリパリウムには4種類あり、「極小」は1ラインを15分、「小」は1ラインを30分、「極大(ACで買う)」は1ラインを12時間の短縮となり、「フルチャージ」は全ラインのクールタイムをゼロに出来ます。
 というわけでクールタイムにより同じラインの連続使用は難しくなっているので、ライン数は多いに越したことはない、ということになります。リリパリウムは割とマメにもらえるので、時にはじゃぶじゃぶ使ってラインをどんどん冷やすこともあるかと思います。

 「デイリークラフト」はNPCの依頼でやる仕事で、自分で何か用意する必要は何もなく、自分が依頼をこなせるクラフトレシピを持っていれば、あとは空きラインを使っていつでも達成可能です。
 レシピを持っていなければ依頼は受けられず、グレーアウトされて選べません。最初はそういうのも多いと思いますが、まずは選択可能な依頼をどんどん受けていけば良いでしょう。それによって自然と「実績」を積むことが可能で、ある程度までは新たなクラフトレシピを入手していけます。


■クラフトレベルと実績
 多少訳がわからなくても、デイリークラフトを繰り返していけば 時折レベルが上がるでしょう。レベルが上がるとクラフトで高効果が得られる確率が上がっていきます。しかし、クラフトでできることはレベルを上げれば増える…というわけではない点が、クラフトを多少分かりづらくしています。

 実は順番が逆で、クラフトレシピ(要は出来ること)を増やしていく過程でクラフトレベルは上がる…という方が正確なのです。
 そして、新しいクラフトレシピを得るためにするべきことが「実績」を増やすことです。実績は「クラフトを○○回成功させる」などの条件を満たすことで積んでいきます。今まで積んだ実績や、これから積める実績はクラフトメニューから確認できます。
 クラフトレベルは一定数の実績を積んだ時に上がります。クラフトレベルが上がれば上がるほど、レベルアップに必要な実績数も上がっていくのは言うまでもありません。

 なので自分がやりたいクラフトが特定できているなら、そのためのレシピが入手できるように意識して実績を積む必要があります。中ランクまでのクラフトレシピはデイリークラフトを真面目に毎日やっていればいずれ入手できます。
 これに対し高ランク(つまり実用に足るレベル)のクラフトレシピは自分できちんと計画して実績を積まないと殆ど入手できません。いきなりレシピを獲得できることは少なく、もっと簡単なランクのクラフト実績を積み重ねることで、入手に必要な実績がアンロックされるのが普通です。

 何のクラフトをやればいいのかイメージ沸かない…と言う場合でも、さしあたりデイリークラフトは可能なものをこなしていくことをお勧めします。そうすれば基礎的な実績は積んでいけるので、将来何か明確にやりたいクラフトが見つかった時も、その時から始めるより遥かに楽に望みのクラフトレシピまで到達出来るようになっているはずだからです。
 また報酬でクラフトに必要な素材アイテムやリリパリウムをどんどん配ってくれるので、これらもとりあえず貯めておいて損はありません。
 デイリークラフトはその日の13時に更新されます。毎日変わるものなので出来るだけ毎日やっておきたいところ。


■さらに詳しいクラフトで出来ること
 クラフトの作業は先程も書いた通り、大きく3種類あります。クラフトレベルもこの3つで別々になっています。本記事では「武装エクステンド」に触れ、残りは次記事に譲ることにします。
 クラフトの作業は必ず成功します。ランダムで「大成功」になることがあり、その場合は通常の成功よりも良い結果を得られます。また今は「未クラフトの状態に戻す」ということも可能になっていますが、それなりに貴重なアイテムが必要なので、クラフトは計画的に進めるか、どうなってもいいもので練習するかをお勧めします。

(1)武装エクステンド
 まさに装備を強化するクラフトです。やってみるとわかると思いますが、弱い武器やユニットでもとんでもない能力に上がっていきます。エクステンドにはレベルがあり、装備のデータを見た時に「Ex.1」というようにそのレベルが出るようになっています。レアリティの低い装備のほうがたくさんレベルが上がるようになっています。

 しっかりエクステンドレベルを上げれば、レアリティが低くても★10~★11程度の数値になります。
 しかし、色々と代償があります。

 まずエクステンドを施した装備はオーナー登録され、トレードが一切不可能になります。アイテムラボでドゥドゥやモニカと戦って上げた強化値や、付与した特殊能力・覚醒させた潜在能力はそのまま維持されます(ここがクラフトのポイントでもあります)。

 武器の場合、必要なのはレシピに応じた「打撃/射撃/法撃のPAフラグメント」・「~ニア(打撃武器)/~デスト(射撃武器)/~グリモ(法撃武器)」・時に「サファード/ルビアード」です。素材は「アイロ~」「スティ~」「シルバ~」という3段階になっています(鉄・鋼・銀ですね)。
 武器をクラフトすると、まず装備条件の要求能力値が、打撃武器なら打撃、射撃武器なら射撃、法撃武器なら法撃になります。ただし、銃剣・抜剣・強弓は技量要求になります(使うフラグメントは打撃です)。要求値自体はエクステンドレベルで決まります。かなり高めの数値になっていくので、技量要求になる武器は注意が必要と言われます。
 また装備可能クラスが、その武器本来のクラスだけになります(たとえ全クラス装備可能だったものでも、クラフトするとそうでなくなるということです)。クラフトの結果が大成功だった場合、装備可能なクラスが増えることはあります。本当に運が良ければ「全クラス装備可能」が付くことすらあります(相当に低確率ですが)。
 そして一番大きいデメリットとして、レア武器であっても最小ダメージが下がってしまい、同じ攻撃力の未クラフトのレア武器に比べて 与えるダメージがあからさまに下がります。しかしエクステンドレベルを上げて「シルバ~」と付く素材を使うまでいけば、この最小ダメージの低下は軽減され実用的なものが作れるようになりました。なのでまずはそこまで行くのが武器クラフトの目標になります。これは初級(★1~★3武器)なら Ex.17、中級(★4~★6)なら Ex.13、上級(★7~★9)なら Ex.9、★10は Ex.8、★11は Ex.7 を意味しており、潜在能力も活かせる★7以上で目指すのが現実的です。

 ユニットの場合、必要なのはレシピに応じた「打撃/射撃/法撃のPAフラグメント」・「~リアス(リアユニット)/~アムス(アームユニット)/~レグス(レッグユニット)」・時に「ネオジット/プロメテット」です。素材は「アイロ~」「スティ~」「シルバ~」という武器と同じ3種類のほか、特化時のみ「ゴード~」と付く素材(金ですかね)とエクスキューブを使います。
 ユニットをクラフトすると、装備条件の要求能力値はレシピに従ったものに変わります。要求値自体はエクステンドレベルで決まるのは武器と同様ですが、かなり高めの数値になるため装備条件緩和のアイテムの併用を視野に入れる必要もあるでしょう。ちなみにサブユニットはクラフト出来ません。
 そのユニットに付与されていたHPアップや属性耐性アップの効果がクリアされ、エクステンド品固有の残念ながら低めの効果に上書きされます。セット効果は失われませんが、それ以外はほぼ失うと思ったほうが良いです。ただ防御力自体はかなり上がるため、それをメリットと感じられるかどうか?ですね。
 それから、ユニットに対しては特化クラフトということが出来るようになりました。打撃レシピなら「HPアップ(HP+100・打撃耐性+4)」、射撃レシピなら「PPアップ(PP+10・射撃耐性+4)」、法撃レシピなら「属性耐性アップ(全属性耐性+4・法撃耐性+4)」が可能です。高価な素材を使う意味があるぐらいには高性能な能力ボーナスを付与できるようになっており、ユニットのクラフトをする時は、これをやることが一つの目標になると思います。…無論、必須とまでは言いませんが、性能のいい防具は作れます。これは Ex.3・Ex.8・Ex.10でできる事なので、実用を考えると Ex.8での特化クラフトが現実的でしょうね(もちろんEx.10まで頑張ってもOKです)。

 武装エクステンドで大成功すると、装備条件緩和・装備可能クラス追加などの効果がランダムで付きます。ただし、この結果はさらにクラフトすると、新たなクラフト結果に上書きされて消えます。

 武装エクステンドは最初はデメリットばかりが目立ちました。それが武器もユニットも今は実用的なものを作る手段には変わっています。
・入手しやすい★7~★9の低級レア武器で優れた潜在能力が付いたものをずっと使っていけるものにする
・本来装備できないクラスでも装備できる武器にする
・HPやPPを盛った防具セットを作る
といった目的で武装エクステンドを実行するのが通例かと思います。

 クラフトにはまだ種類がありますが、その前に知っていたほうがいいことに触れておきます。


■クラフトを補助するもの
 アイテムラボで装備強化する時と同じように、クラフトでも補助アイテムが使用可能です。特に「装備条件緩和」のアイテムは、要求能力値を確実に減らすので最終クラフト時に使うことが多くなると思います。
 特定のクラス装備可能にする補助アイテムも、クラスの組み合わせ次第では仕様を検討することになるでしょう。クラフトはこのように普通は装備できないクラスでも装備できるようにするカスタマイズに使えることになります。

 クラフトの効果を補助するルームグッズもあります。リサイクルショップやFUNショップ、エクスキューブ交換ショップなどで入手できます。これによりクラフトのクールタイムを短縮したり、大成功の確率を上げたりすることが可能です。もちろんマイルームにきちんと設置しないとダメですが、別に近くにある必要はありません。


■アイテムの分解とリサイクル
 素材となるアイテムはデイリークラフトの報酬でも受け取れますが、まともに自分でクラフトをやろうとしたら到底足りないでしょう。あとはマイショップで売られているのを買うのも早いですが、自力調達の方法…それが「分解」です。これはマイルームでできることで、レベル10以上のPA/テクニックディスクや、★7以上の装備を文字通り分解して、クラフト素材にします。分解にラインは不要のため、全ラインが冷却中でも作業可能です

・打撃系ディスク →PAフラグメント(打撃)
・射撃系ディスク →PAフラグメント(射撃)
・法撃系ディスク →PAフラグメント(法撃)
・打撃武器 →~ニア/ルビアード/サファード
・射撃武器 →~デスト/ルビアード/サファード
・法撃武器 →~グリモ/ルビアード/サファード
・リアユニット →~リアス/ネオジット/プロメチット
・アームユニット →~アムス/ネオジット/プロメチット
・レッグユニット →~レグス/ネオジット/プロメチット

 …という具合でクラフト素材を調達できます。銃剣は打撃扱い、魔装脚は法撃扱いです。
 レアリティが高いほどいいものになるほか、大成功したらより多く手に入ります。なお一度分解したら、もう元には戻せないので、高レアリティの装備を分解する時は慎重に。無くしたくないものはしっかりロックしておきましょう。

 それから、リサイクルショップではクラフト素材も扱っており、アイロ系→スティ系、スティ系→シルバ系といった高級素材への交換もやってくれます。どんな交換が出来るかは自分の目で確認してみてくださいね。

 武装エクステンド以外のクラフトでも、ここで挙げた素材の幾つかが必要になります。
 緊急クエストではレア装備も結構手に入ります。売ってお金にするもよしですが、売る(=つまり不要)ならマイルームに行って分解することを考えるのも、充分「あり」なのです。クラフト素材もマイショップで売ることが可能ですしね。


■クラフト依頼
 高ランクのクラフトレシピは手に入れるために、かなりの資金が必要になります。終盤になると1回のクラフトに10万以上のメセタが必要になり、しかもそれを何回も繰り返さなければならないのがザラなのです。
 なので何でもかんでも自分でやらず、そのクラフトが出来る人に頼むというのは選択肢としてあって当然のものだったりします。

 誰でも自分が覚えたレシピのうち3つを選んで看板に登録できます。すると、そのレシピを使ったクラフトの依頼を受けられるようになります。もちろん、依頼をこなすにも空きラインが必要です。
 依頼する時は、クラフトに必要な素材と資金を全て渡すことになります。依頼を受ける側からすると、自分で素材を用意しなくてもクラフト実績を積めるチャンスということになります。依頼を受けてクラフトした時は大成功が出やすい印象です。あと費用の5%を謝礼としてもらえますが、まあ資金稼ぎを目的にするのは難しいかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック