★★★ twitch動画埋め込みについて ★★★
2020年7月より前の記事について、twitchの埋め込み動画が全てエラー表示出ていると思います。これは twitchの仕様が変わったためで、全部直して回る余裕は正直ない状況です。
エラーになってる画面上部のゴーストっぽいアイコンや、画面右下の「twitch」という文字をクリックすると、私の twitchチャンネルの当該動画に飛べますので、動画をご覧になりたいときは、この方法をお試しください。

【2015年8月版】アークスシップに放り出されたその後は(10) -いずれは装備のことも…後編-

 サブタイトルに記事の記述/修正時期を明示することにしました。以後、随時修正を入れていくこととし、前版から修正した部分は青字で示すこととします。

 それは「ファンタシースター感謝祭2013」札幌会場でのことです。私は最初から最後まで見ていたのですが、会場の質問に答えるコーナーで「ドゥドゥの討伐クエストはいつ実装されますか?」というのを聞かれた酒井Pが、「場内、討伐クエスト希望者、手を挙げてください」といったら、ほぼ満場一致で手が挙がりました。
 そして、今年のファンタシースター感謝祭2014ではアトラクションが用意されていて、その中に「ドゥドゥ討伐クエスト」が実装されています。…といっても、ドゥドゥの絵を描いたバルーンを殴るだけなので、積もり積もったものが解消されるかは甚だ疑問ですが…札幌会場では思い入れを込めて力いっぱい素で殴っている人が何人もいました。
 ニコ生でグッズの紹介をやった時、モニカのTシャツが紹介されたのですが、そのモニカの絵は腹部にターゲットサイトがあり、いかにも「殴って。撃って」という様相でした。まあ仕方ないようねっ(笑)て感じです。(実際の絵はこちらから)。

 …かようにアイテムラボの店員ドゥドゥとモニカはプレイヤーの怨嗟の的となっています。今日はその理由をお話しましょう。そもそも最初はドゥドゥだけで、あまりに嫌われていたので「女の子の店員でもいればいいんじゃない?」とかいう安直な発想でモニカが増えたんですね。で、さらに嫌われたという顛末です。つか「女の子だからOK」とかアホかと。嫌われている理由の分析が足りな過ぎ。でも世話になってる人たちでもあるので難しいところ。この人達無しでPSO2をプレイするのはかなり困難を極めるでしょうから…。

 では本題を始めましょう。


■装備の強化
 アイテムラボで「アイテム強化」を選ぶと、武器やユニットの強化が可能です。
 一度強化すると、アイテム名に「+1」と付きます。何度も強化すると、この数値が増えていき、最大で「+10」まで強化可能です。+10まで強化すると、未強化時に比べて攻撃力/防御力は1.5~2倍程度になります。
 武器を+10まで強化すると称号がもらえます。また武器でもユニットでも+10まで強化したら『能力追加成功率+10%』がもらえます。なぜ『強化成功率+10%』でないのか?と時々突っ込みたくなります。

 強化には資金とグラインダーというアイテムが必要です。グラインダーはクエスト中に稀に拾えますが、どちらかというと色々なキャンペーンでもらう景品の一つという側面が強い気がしますねえ。
 成功率は「確実」「安全」「注意」「危険」としか出ません。「確実」は100%、それ以外は100%未満です。「危険」になると、さすがに失敗の可能性が高くなってきます。
 それから「最大リスク」っていうのがあると思います。強化に失敗すると、付随してそれまでの強化値が下がるリスクがあります。「最大リスク」は失敗した時に最大でどれだけ下がるのかを示しているのです。そして、これこそがドゥドゥやモニカが怨嗟の念を浴びる理由その1です。+9まで上げたものが +1まで溶かされるとか、稀によくあります。

 『強化成功率+』のアイテムを併用すれば、確率は上げられます。
 『強化リスク軽減』:のアイテムを使うと、失敗時に強化値が落ちる最大値を軽減できます。その結果、最大リスクが0になれば、失敗しても溶ける心配はなくなります。
 これらのアイテムは「確率:危険、最大リスク;2」となったあたりから私は使い始めます。ある程度失敗するのは覚悟で『強化リスク軽減(+1)』だけで切り抜けるとかね。ただ+8ぐらいまでいったら『強化成功率+』とか『強化リスク軽減(完全)』の使用も検討です。
 強化に成功しても失敗しても、使った補助アイテムは失われます。だからあまり無駄遣いはしたくないですね。補助アイテムはFUNスクラッチとか、ACスクラッチとか、ログインスタンプとかでもらえます。あとリサイクルショップでもスクラッチ品と交換できますが、まとまった数は必要になります。
 あと『強化スキップ(+7)』なんてアイテムもありますね。これはリサイクルショップでもらうものなのですが、使うといきなり +7まで強化できます。★12装備だと、これを使ったほうが結果として安上がりになる…という意見もあるようです。

 アイテムの強化はゲームを始めたことはあまり気にしなくて良いと思います。ただ難易度VHに挑むくらいからは「せめて+10にはしておこう」というのが無難だと思います。潜在能力や特殊能力はまあのんびりでもいいので、とりあえず+10までの強化はしておきたいところ。
 強化しなくて難易度ノーマルならまあまあ切り抜けられるし、どんどん武器もユニットも付け替えて行く可能性が高いです。いずれ替えると分かっているものに、資金やグラインダーを消費するのはちょっと勿体無い。もちろん、強化することには意味があるので、余裕があるなら強化してもいいとは思います。最初の頃は、確率が「危険」になったら引き下がってもいいかなあ、という印象です。
 これがVHに挑むくらいになると、割と長い時間同じ装備を使うようになってくる気がするので、そこからは強化を真剣に考えたほうが良いでしょう。緊急クエストで半端な装備を持ってる人を見たら、抜けちゃう人とかもいるので…(火力不足→クリアできないか、出来ても時間がかかる…という判断は間違ってはいないのですけどね)。

 最近、続々追加されている★13武器は強化のためにグラインダーではなくラムダグラインダーという別のアイテムが必要です。このアイテムはエクスキューブ50個で1つ入手できるけれど、これでは割にあわないでしょう(1回の強化で3つとか必要になるので)。カジノの景品にもなるようですが、現状はジグのクライアントオーダーをクリアして『職人の証』を入手し、ジグにそれをラムダグラインダーに交換してもらうのが一番堅実です。グラインダーと違いマイショップでは買えないので、自分で調達しなければなりません。
 また、1回の強化に20万メセタ近く必要にもなるので、それこそエクスキューブを『強化成功率+30%』に交換して駆使するほうが、よほど無駄なく強化を進められるように思いました。これもメセタはさることながら、ラムダグラインダーの無駄撃ちを減らしたいからです。



■武器の潜在能力
 ★7以上の武器を+10まで強化すると、アイテムラボで「潜在能力解放」が可能になりますj。
 これをやると、武器ごとに決まった潜在能力がLv1で解放され、強化がリセットされます。つまり、+10まで上げたものが未強化に戻るということですので、また+10まで上げ直しです。解放済みでも+10まで強化すると、また解放が可能で、そうすると潜在能力のレベルが上がります(もちろん未強化に戻ります)。潜在能力のレベルは3まで上げることが可能なので、最大4回+10にする手間がかかるわけですね。
 潜在能力が複数から選べる武器もあります。こういうものは既に解放済みのものとは別の潜在能力を解放させると、既にあった潜在能力が上書きされます。武器で解放できる潜在能力は1つだけということです。

 潜在能力解放には資金とフォトンスフィアというアイテムが必要です。フォトンスフィアは潜在能力Lv1にするのに3つ、Lv2にするのに4つ、Lv3にするのに5つ必要です。
 クエスト中、フォトンドロップというのが時々もらえます。フォトンドロップ交換ショップで、フォトンドロップ10個→フォトンクリスタル1個、フォトンクリスタル10個→フォトンスフィア1個に交換できます。平たく言えば、フォトンドロップ100個でフォトンスフィア1個ということですね。だからそれなりに貴重品です。なおフォトンドロップからの一発交換の場合、99個でフォトンスフィアに変えられます。
 アークス模倣体(クローン)を倒したり、リサイクルショップで★10武器や★10ユニットと交換で、フォトンスフィアを入手することも可能です。採掘基地防衛戦などの緊急クエストでは★10装備を結構拾えるので、こういう交換のチャンスでもあります(エクスキューブと交換したくなるかもしれませんが)。
 なお、いずれのレベルであっても解放は必ず成功します。

 潜在能力は非常に強力です。
 特に純粋にダメージを上げる効果がある潜在能力は人気で、そういう武器はマイショップでも高値で取引される傾向があります。あとはHPやPPの回復が可能な潜在能力も場所を選ばず便利です。
 特定のスタンスで効果を上げたり、ダメージを上げる特定スキルと同じ効果のものや、特定PAのダメージを上げる、というものもありますが、これらは人気に結構 差があります。時にはその武器を装備するクラスでは覚えられないスタンス効果を上げるというものもあり、いまいちコンセプトが理解できないと思うこともありますので…(サブクラスにせいってことに過ぎないわけですが、なんかねえ)。

 ★7以上の武器を+10まで強化しないと出来ないことなので、ゲームを始めたてのころはあまり気にしなくていいです。そうした武器を持つ頃には、だいぶPSO2がどんなゲームかも分かってきてるはずですね。なので、それから改めて論じ合うということで良いかと思います。
 ただ、Lv3まで必ず上げるべきか?については、私は無理にそこまでしなくても…という意見です。まずはLv1でいいから解放して使ってみれば良いかと(ただしものにもよるし、出来るのならLv3まで上げておきたい)。火力を上げることを重視する場合、そうした効果の潜在能力はLv3まで上げるのが大前提という人もいますし、それを否定するつもりもありません。でもそれを他人に強要しちゃいかんと思いますねえ。


■装備の特殊能力
 これが最後の項目になります。
 ドロップした武器の情報を見ると「パワーI」とか「リアクトI」とか「ライトレジストI」とか付いてたりしますよね。他にも山ほどある、これが特殊能力です。装備の価値は、潜在能力だけでなく、どの特殊能力が付いているか?も判断基準になります。

 大事なことは「この特殊能力を一定のルールに従って、自分の武器に継承させ能力を強化できる」ということです。それをやるのが、アイテムショップの「特殊能力追加」です。しかし、これの説明は非常に複雑なので、「こちらを読んでください」と、一般的な説明はWikiに丸投げさせていただきます。
 エピソード3で、素材として選べる最大個数が2→5になり、特殊能力数も全く同じものだけでなく、それ以上の数のものも選べるようになりました。この緩和で特殊能力付与はかなり容易になりました。もちろん素材を増やすほど費用はどんどん上がります。

 その上で特殊能力追加のポイントをまとめてみます。詳細は上のリンク先を見て下さいね。
・対象を最初に選び、次に素材を5つまで指定する。
・対象が武器なら素材も武器、対象がユニットなら素材もユニット、でなければならない。
・対象に既に特殊能力が付いている場合、同じかそれ以上の数の特殊能力が付いたものしか素材に出来ない。
・対象と素材についていた特殊能力がひとまとめにされ、そこから継承する能力を選択する。
・対象に元々付いていた数か、それに+1した数まで継承できる。
・+1する(エクストラスロットを使う)場合、全体の成功率が下がる。
・ソールやミューテーションは同じものが2つないと継承できない。
・絶対に継承できないものもある(2つあってもダメなものはダメ)。
・逆に100%継承できるものもある。
・状態異常は複数継承できない。
・『特殊能力追加』のアイテム併用で~ブーストを100%付けられる。
・ただし~ブーストもエクストラスロットを使う場合、確率が下がる。

 それから継承の成功率を上げる工夫についてもポイントを。
・同じ能力が複数あれば成功率が上がる。
・対象と素材が全く同じものだと成功率が上がる。
・ソールやミューテーションはIII以上の特定能力の継承確率を上げる効果がある。
・『能力追加成功率+』のアイテムを使うと付与しようとする全能力の継承確率が上がる。
・最終的にエクストラスロットを出来るだけ使わない。

 そして確率論に関するお約束を。
・信じられるのは 0% か 100% のみ。
・90%を奴らはいとも簡単に落とす。
・50%は五分五分ではない。
 …なんか怪しいことになりましたが、特殊能力追加はドゥドゥやモニカに怨嗟の念が集中する理由その2なのです。とにかく100%以外はギャンブルなのだとそれだけ肝に銘じてください
 80%が3つなんてパターン、これは失敗フラグと思いましょう。だって、3つ全部成功する確率は 0.8×0.8×0.8=0.512 ですから、ぶっちゃけ五分五分?なのです。こういう時は『能力追加成功率+20%』を使って確率を100%にして初めて魂が安んじられるというものです。

 それを踏まえた上で、「どんな風に能力を追加すればいいの?」を少しだけ。

 一般的に「最低限これだけは」と言われるのが「ソール3」と呼ばれるパターンです。これは以下の様に攻撃力を上げる典型的なパターンを指しています(ついでに技量のパターンもご紹介します)。
・打撃:ヴォル/クォーツ/グワナ・ソール + パワーIII
・射撃:ランサ/マイザー/ファング・ソール + シュートIII
・法撃;ラグネ/エルダー/ウォルガ・ソール + テクニックIII
・技量:シグノ/ラッピー/クローム・ソール + アームIII
 どのソールも打撃/射撃/法撃/技量を+30します。パワーなどもIIIだと+30なので、合わせて+60です。さらに3つ挙げたソールは左から「HP+20」「PP+3」「HP+10・PP+1」という追加効果を持ちます(技量のソールはいずれも更にPP+1)。どのソールがいいかは純粋にプレイヤーの好み次第です。
 例えば打撃武器と3ヶ所のユニット全てを「ヴォル・ソール パワーIII」にすると、4つ合わせて「打撃力+240・HP+80」というなかなか強力な効果になるのです。自分が与えるダメージに応じて、上から組み合わせを選びます。
 打撃/射撃/法撃を上げる上記のソールが含まれる多スロ装備は、マイショップでも高値取引されることが多いです。

 ソールについては、上に挙げた以外にも様々なものが存在します。最近は打撃/射撃/法撃のうち複数をプラスする効果のものも増えてきています。汎用的な装備や、特定のクラスの組み合わせで威力を発揮する装備も作れるので、それも色々見てみることをお勧めします。
 それから、PSO2esでは「ソールレセプター」という特殊能力が付いたものを拾うことがあります。これがあるとソール1つあれば100%継承が可能になります。実はPSO2esの目玉商品ではないか?と思うこともあります。この記事を書いている時点で、esの方は まだ再開出来ていませんが…。

 一般的に「それだけあればいいよ」と言われるラインが、上に更に「スタミナIII (HP+50)」または「スピリタIII (PP+4)」を付けてさらなる強化を目指すもので、俗に「ソール33」と呼ばれることもあるようです。
 例えば「ヴォル・ソール パワーIII スタミナIII」という武器・ユニット×3なら、「打撃力+240・HP+280」です。これはかなり大きいですよね。
 主にこの3スロぐらいまで用意しておけば、装備にうるさい人に怒られることはないと思います。が、最近は4スロ装備が作りやすくなったので、スタミナIII・スピリタIIIの双方とか、状態異常付与などの能力を付けるのを目指しても良いでしょう。

 さらにスロットを増やしていくつもりなら、「アビリティ」や「ミューテーション」で全体的な能力を底上げ、武器なら状態異常、『特殊能力追加』のアイテムを併用して「~ブースト」、といったあたりが視野に入ってきます。特殊能力は他にもありますから、色々自分の好みの能力を探してみるのもよろしいかと思います。
 しかし5スロ以上の装備を作るのは、様々な工夫とリアルラックが必要です。ドゥドゥやモニカの代わりにパソコンや近くの壁や家具、自分の手や足を痛めないように注意してくださいね。最終的に資金だけでなく「折れない心」が大切です。


 アイテムラボに関わる装備のお話はひとまずこれで終了とします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック