★★★ twitch動画埋め込みについて ★★★
2020年7月より前の記事について、twitchの埋め込み動画が全てエラー表示出ていると思います。これは twitchの仕様が変わったためで、全部直して回る余裕は正直ない状況です。
エラーになってる画面上部のゴーストっぽいアイコンや、画面右下の「twitch」という文字をクリックすると、私の twitchチャンネルの当該動画に飛べますので、動画をご覧になりたいときは、この方法をお試しください。

【2016年9月版】アークスシップに放り出されたその後は(1) -行ける場所を増やそう-

 サブタイトルに記事の記述/修正時期を明示することにしました。以後、随時修正を入れていくこととし、前版から修正した部分は青字で示すこととします。

 本記事はエピソード3に合わせて書いたものなのですが、時代は過ぎ去り、今やエピソード4が始まってしばらく経ちます。エピソード4でシステム的にも色々改変がかかり、ここに書いている記事は内容的に古くなっている部分が増えました。そこでエピソード4で大きく変わった部分を含めた最初の部分については、別記事「艦橋に連れて来られたその後は」というのを新たに書いています。なので、そこから見直せるような記事になるように こちらを修正します。

 ここ最近は「アークスロード」という初心者用チュートリアルが実装され、一連のクエストの流れやクライアントオーダー・クラフトなど、このゲームのシステムについて一通りの確認は出来るようになりました。迷ったら、スタンプを押してもらえるように色々やるのが一番です。
 クライアントオーダーやら、武器防具の強化やら、クラフトやら、とにかく色々なことが一気に出来てしまいますよね。アークスロードで言われたとおりにスタンプを押すにしても、「で、これからどうするの?」が足りない気がするのです。経験のある人なら、おさらいみたいな感じなのですが、初見プレイの方はどうなのかなあと思いまして、それを少し補足したいのです。

 アークスシップに降り立った後やるべきことを端的に言うなら、以下の3つに集約されます。

(1)アークスクエストとフリークエストをどんどんクリアして受けられるクエストを増やす
(2)レベルを上げる
(3)ストーリーボード/マターボードを進めてストーリークエストをどんどんクリアしていく

 これらを円滑に進めるためにクライアントオーダーを受けたり、武器防具など装備を充実させたり、マグやサポートパートナー等 協力してくれる存在を手に入れたりするんです。上記3つをまずは念頭に置かないと、結局何をやればいいのか分からなくなります。
 無論、これはゲームを始めて暫くの間のことで、慣れてくれば「もっと知り合いを増やしたい」とか「いい武器を探したい」とか「メセタを稼ぎたい」とか色々とやりたくなるはずです。ただ何をするにしても、上の3つが出来ていないと、ままならない事態にいずれ追い込まれます。

 あ、いや、正確には(3)のストーリーボード/マターボードは義務でもなんでもありません。放置しておいても実はOK。せっかくストーリーが用意されているのですから、それを知らないままというのは とても勿体無いと私は思っているだけです。Ep4はストーリーボードですが、それ以前(Ep1-3)はマターボードとなっており、進め方も若干違います。
 一番最初にマターボードをもらって以来のストーリーはエピソード3にて収束しました。一定の結末を見ることが出来るようになっていますし、そこはやっぱり見て欲しいと思うんですよねえ。エピソード4からは新章という感じです。エピソード3の最後から2年経ってますからね。
 ただし繰り返しになりますが義務ではありません。進めたことの報酬として、高レアだったり使いやすかったりする武器防具が手に入ることがあったりするので、決してやって損ということはないと言っておきます。

 では(1)~(3)を幾つか記事を分けながら解説したいと思います。


(1)アークスクエストとフリークエストをどんどんクリアして受けられるクエストを増やす

 まずは何はなくてもこれから始めましょう。PSO2では6つの惑星を舞台に幾つかのエリアに行けるようになっています。Ep1でナベリウス・アムドゥスキア・リリーパという3惑星が舞台となり、その後 Ep2でウォパル、Ep3でハルコタン、Ep4で地球が追加されました。
 エリア開放の順番は、Ep1エリアからが基本で、途中でEp2・Ep3・Ep4のエリア開放へ分岐するようになっています。その順番と分岐は以下のようになります。

Ep4Ep1Ep2Ep3
東京
(地球)
森林
(ナベリウス)


ラスベガス
(地球)
火山洞窟
(アムドゥスキア)
海岸
(ウォパル)
白ノ領域
(ハルコタン)
砂漠
(リリーパ)
採掘場跡
(リリーパ)
浮上施設
(ウォパル)
凍土
(ナベリウス)
海底
(ウォパル)
黒ノ領域
(ハルコタン)

地下坑道
(リリーパ)


浮遊大陸
(アムドゥスキア)
龍祭壇
(アムドゥスキア)
遺跡
(ナベリウス)

 最初は 森林 からになります。その後の順番は自由にして良いのですが、Ep1エリアをまずは順に開放することを基本とするのが良いと私は考えています。この「森林→火山洞窟→砂漠→凍土→地下坑道→浮遊大陸→遺跡」という順番が伝統的な初期のルートでもあり、難易度的にも順当な上がり方をするからです。
 さしあたり、Ep1の3惑星(ナベリウス・アムドゥスキア・リリーパ)には行けるようにした方が良いので、森林→火山洞窟→砂漠と順番に行くのが良いでしょう。また、色々考えると更に先の 遺跡 までは行けるようにしたほうが良いのです。…というのも、遺跡探索を開放する過程で「ウォはルガーダ討伐」というアークスクエストをクリアすることになりますが、これにより「走破演習:ナベリウスII」というクエストが開放されます。このクエストに行けるようにしておくと、ファングバンサーとダーク・ラグネに確実に遭遇できるため、後々 クラスの能力強化をする際に大きな意味があるからです。これはタイムアタッククエストに属するもので、この記事の後ろの方でもう少しだけ紹介しています。

 なお難易度ベリーハードの開放のために海岸探索をクリアする必要があるため、そのタイミングかその前までに Ep2の 海岸 は開放したほうが良いでしょう。火山洞窟をクリアすれば良いので、かなり早い段階で行けるようにはなっています。
 Ep2エリアは 龍祭壇 だけが特殊で海岸から始まる流れでは開放できません。ストーリー的に、Ep1の火山洞窟と浮遊大陸を舞台にしたストーリーを進めることで、龍族が 龍祭壇 への立ち入りを許可してくれるようになるという流れがあるから、敢えて 浮遊大陸クリア後に行けるようにしたのかなあと予想しています。

 各惑星は3つのエリアが存在するのが基本です。Ep3のハルコタン・Ep4の地球については、まだエリアは2つのみです。地球はストーリーで別エリア行きましたが、やはりそこは特殊なようです。ハルコタンに至っては3つ目のエリアの気配すらありません。ストーリー的には何かまだあると良いなと思いますが…。

 東京を含む Ep4エリアについては、ストーリーボードから出撃するストーリークエスト「目覚めの時」をクリアすることで開放され、地球のアークスクエストを受けられるようになります。逆に言うとストーリーボードに触れない限り、Ep4のエリアには自力では行けません。これを始めるには 森林探索のクリアが必要であるため、上記の表では森林から東京へと分岐するという書き方をしました。
 森林探索クリアが条件というぐらいですから、ゲームのかなり序盤から東京を始めとする地球のエリアは開放できることになります。実はサブクラス解禁のために、主に東京エリアで出現するブラウンベアを倒す必要があるため、これをやるときには東京に行けるようにしておく必要があります。
 3番目のエリアはこの記事を改修している時点ではまだ実装されていませんが、舞台が月になることだけは分かっています。だからエリアの正式名称もまだ不明です。もはや地球上じゃないですけどね(笑)。地球のエリアは東京もラスベガスも従来のエリアとは違った構成になっていたため、月(仮称)も変わった作りになるような気はします。


 どのエリアも最初は行けるクエストが少ないでしょう。まずはそのエリアで受けられるアークスクエストを1つずつクリアしましょう。1つクリアすれば同じエリアの別のクエストが出現します。各エリアにアークスクエストは2~3個あります(森林だけは特殊でチュートリアルともいうべき難度の低いアークスクエストが1つ余分にあります)。
 それから…クエスト名の下にレベルが書いてあると思いますが、これは出現するエネミーのレベルの目安です。「自分がそのレベルでなければクエストを受けられない」という意味ではありません。ただ、エネミーとのレベル差があまりに(15以上)あるともらえる経験値が減衰するので、それ以下の適切なレベルのエネミーと戦うようにクエストは受けたほうが良いです。
 …まあ最初はあまり気にせずにどんどん進めてOKです。難易度がノーマルのクエストはいつでも誰でも受けることが可能です。

 やがてコフィーさんから通信が入るはずです。そうしたら右側のクエストカウンターに居ますので話しかけてみましょう。「自由探索許可申請・(そのエリア名)」というクライアントオーダーを受けられるようになっているはずです。各エリアごとにこのオーダーは存在します。
 このオーダーは、特定の2つのアークスクエストを制限時間以内にクリアすることと、そのエリア固有のエネミーを倒してドロップする観測素子を2つ集めることがクリア条件となっています。固有のエネミーというのは、要するにダーカー以外のエネミーということです。
 観測素子を集めるためにエネミーを倒す必要はありますが、制限時間内クリアも目指すなら道中はほどほどにして一番奥のエリアに急ぎ、そこで発生するクエスト条件のエマージェンシートライアルを とっとと起こしてクリアしないと、時間が間に合わなくなることもしばしばですので注意しましょう。道中のエネミーや、道中で発生したエマージェンシートライアルは無視する勇気も時には必要です。
 ほとんどのエリアで中ボスとなる大型エネミーとの戦いも含まれます。倒すのが難しいと感じたら、知り合いなり周囲の人なりに手助けを求め、パーティーを組んで同行してもらうのは恥ではありません。いずれ一人で倒せるようになれば良いんですから。というのもボス戦で万が一死んだ場合、ソロだったらクエスト自体が失敗になってしまうからです。プレイヤー複数でパーティーを組んでいけば、お互いにムーンアトマイザーで復活させることが可能になりますし、全滅しても全員が同時にキャンプシップに戻らない限り、クエスト失敗にはなりません。

 条件を満たしてコフィーさんに報告すれば、そのエリアのフリークエストが追加されます(アークスクエストでは無いことに注意)。そしてそのフリークエストをクリアするのが目的の「探索許可申請試験」というクライアントオーダーが追加されるので、それを受けてからフリークエストに一度は挑みましょう。なお東京探索を開放したときは「適正能力審査試練」というオーダー名に変わっており、このオーダーをクリアする(=東京探索をクリアする)と次のエリアであるラスベガスに行けるようになります。
 フリークエストはそのエリアで出現する最後のクエストですので、これが自由に受けられるようになったら、次は別のエリアに行ってアークスクエストを攻略し、そこのフリークエストを出していきましょう。コフィーさんのクライアントオーダーは、報告するとかなり多量の経験値がもらえるため、最初はこれをやるだけでレベルがどんどん上がるはずです。

 フリークエストは一番奥まで進んだら必ずボスとなる大型エネミーとの戦いになります。最初はソロで倒すのは難しいーと悲鳴を上げることがあるかもしれません。PSO2の特徴とも言えるのですが、そのボスが道中に出現することもしばしばです。しかし、それを苦労して倒しても一番奥(基本的にエリア3ですが、エピソード3以降に追加された白ノ領域・浮上施設はエリア2です)に行って そのボスを倒さないとクエストはクリアになりません(時には無視して先に進んだ方がいいことも)。
 フリークエスト最奥のボス戦はソロで行って返り討ちにあったら、そこでクエスト失敗となります。友人知人とパーティーを組んで行くことで、いきなりゲームオーバーとなるリスクは減らせるのは前述した通りです。

 ちなみにアークスクエストやフリークエストをクリアした時のランクは、そのクエスト中に倒したエネミーごとに決められたポイントの合計で決まります。このポイント…ゲーム中は確認できない裏パラメータとなっています(クエストクリア時の結果画面ではじめて確認できる)。目安的にはクエストスタートから一番奥に行くまでの間に、目の前に出現したエネミーを全部倒せばランクSになるかなあ、ぐらいの感覚です。
 ただし、HPが尽きて倒れた後、キャンプシップに戻ると強制的に1ランク下げられます。
 時に特定ランク以上でのクリアを求められることがあるかもしれません。その場合は、充分にエネミーを倒しておいたほうがよいですし、ソロで倒れた時は、キャンプシップに戻るよりはクエストを受け直した方が良いかもしれません。
 それから、道中多数のエネミーを倒しておいたほうが、最後のボスドロップのアイテムが良くなりますので、何かアイテムがほしいと思ってクエストに行く場合は、道中のエネミーは全て倒す勢いで行ったほうが良いでしょう。

 Ep3の黒ノ領域のフリークエストだけはちょっと特殊になっています。まずはエリア1をグルグル回ってエネミーを倒してポイントを稼ぎます。このポイントが500に達するとボスの居るエリア2に行けるテレパイプが出現します。その先に行ってボスを倒すか、そのままエリア1でエネミーを倒し続けてポイントが1000になったら、クエストクリアになります。
 それから黒ノ領域のボスはソロで倒れた後、キャンプシップに戻ってもクエスト失敗にならず、またエリア2に行けます。このボスが即死攻撃をするため、その救済ではないかと言われています。もちろんそのばあいクリアランクは下がってしまうので、ランクSを求められている時などはやっぱりそこでやり直しになるでしょうね。

 なお、Ep4の地球については、クエストの構成がさらに簡略化されます。
 東京はアークスクエストが1つしかなく、フリークエストもボスエリアは存在せずポイントが一定に達したらクリアになります。運が良ければ(悪ければ)ボスであるトレイン・ギドランと遭遇しないまま終わることすらあり得ます(逆に複数回遭遇することもあります)。トレイン・ギドランに確実に遭遇したいと思ったら、東京唯一のアークスクエストである「トレイン・ギドラン討伐」を選ぶ必要があります。
 更にラスベガスはとうとうアークスクエストが無くなり、いきなりフリークエストになります。ラスベガスのフリークエストも東京と同様にエリアは1つだけでポイントが一定になったらクリアです。その代わり、フリークエストクリアを条件として、ライディングクエストというラスベガス専用の新形式クエストを開放するクライアントオーダーをコフィーさんが出すようになります。
 月に至っては普通に行けるエリアになるかどうかも分からないですねえ。



■タイムアタッククエスト と アブダクション&クローン
 ところで特定のアークスクエストをクリアすると、タイムアタッククエストが受けられるようになります。具体的には以下:
凍土
「デ・マルモス鎮圧」
「走破演習:ナベリウス」
地下坑道
「巨大変形機甲種撃破」
「走破演習:リリーパ」
浮遊大陸
「キャタドランサ討伐」
「走破演習:アムドゥスキア」
遺跡
「ウォルガーダ殲滅」
「走破演習:ナベリウスII」
龍祭壇
「ゴロンゾラン鎮圧」
「突破演習:龍祭壇」
海底
「デコル・マリューダ討伐」
「走破演習:ウォパル」
黒ノ領域
「コドッタ・イーデッタ討伐」
「連破演習:ハルコタン」
「遺跡探索」
「採掘場跡探索」
「黒ノ領域探索」
「連破演習:闇の痕跡」
「東京探索」「走破演習:東京」

また同時にクロトからタイムアタッククエストをクリアすることで高額のメセタがもらえるようになるクライアントオーダーを受けられるようになります。

 最初の3つはマップ内に存在するショートカットの方法を知らないと、大幅に時間をロスしてしまいます。難易度が高くなるにつれ、高ランククリアはままならなくなるので、きっちりショートカットの方法を身につけたほうが良いです。
 それ以降のクエストは出てきたエネミーの殲滅だけでよく、出現するエネミーは油断ならないですが、それを打ち崩せる火力が確保できていれば、何も考えずにクリアできます。ただ「走破演習:東京」はある程度コースを覚えていないと、短時間でのクリアは難しいです。

 タイムアタッククエストをクリアした時のランクは、クリアに掛かった時間で決まります。アークスクエストやフリークエストのように倒したエネミーによってポイント加算されるわけではありません。したがって、倒す必要のないエネミーは容赦なく無視し、必要なエネミーのみを倒す方が望ましいです。

 クロトのクライアントオーダーを受けてのタイムアタッククエストは、PSO2における資金稼ぎの定番でした。ただエピソード3からは1日1回ではなく、1週間に1回のオーダーとなったため、資金稼ぎのために行く頻度は落ちました。報酬額は高額なのでオーダーを受けられるようになったら、タイムアタックに行く…というのが今のスタイルです。資金稼ぎの手段は、エピソード3になって他にかなり増えてるので、追々別記事で触れます。

 難易度ベリーハード以上でタイムアタッククエストを何度も高ランククリアすると、時折 拉致されて「ダーカーの巣窟」に放り出されることがあります。これが「アブダクション&クローン」というクエストで、強力なダーカーたちとの激戦を強いられます。これをクリアして無事帰還すると、自分自身のクローンがクエスト中に出現し、自分や知り合いや名も知らぬ他のアークスに戦いを挑むようになります。見た目やオートワードの設定は「アブダクション&クローン」をクリアした時のものになります。
 純粋に資金稼ぎのためにタイムアタックをやろうとしたら、このクエストが発動する…という事例が多く、発生するとクリアは結構面倒なので「やれやれ」という気分になることは否定できません。ただ、クローンを倒した時のドロップ品にしか付かない特殊能力というのがあるため、確実にクローンと遭遇するアブダクションを狙ってタイムアタッククエストを繰り返す…と言う人たちもいたりします。

 タイムアタックとアブダクション&クローンについては、最初は無縁ですし あまり気にしなくてもいいです。受けられるようになったら、どんなものか見てみるのが良いかと思います。




 …とこんな感じで淡々と書き進めたいと思います。時々お付き合いください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック