★★★ twitch動画埋め込みについて ★★★
2020年7月より前の記事について、twitchの埋め込み動画が全てエラー表示出ていると思います。これは twitchの仕様が変わったためで、全部直して回る余裕は正直ない状況です。
エラーになってる画面上部のゴーストっぽいアイコンや、画面右下の「twitch」という文字をクリックすると、私の twitchチャンネルの当該動画に飛べますので、動画をご覧になりたいときは、この方法をお試しください。

[EVE]星の海を行く生活 -Gal支局:配送だけではないわけで-

たーまやー
 うわあ。
 爆発に巻き込まれたのかと一瞬思いましたが、Fireworks…花火だったようです。ショーの一環ですしね。少々お久しぶりになる FanReiです。

 戦闘は苦手なので、流通部門(Distriburtion)のお仕事しか受けていないのですが、ステーション間の配送ミッション以外にも、たまに不思議な…というか配送とは違う趣のミッションが紹介されることもあります。

 この時受けたのは「ショーをやるからビーコンで示した通りのコースを飛んでくれ」というものでした。
ある意味では曲芸飛行?
 指定された宙域に行ってみたら、中が空洞になっている大きな岩の浮かぶところで、その四方を観客の集まるアリーナが取り囲んでいました。その岩の中を通るようなコースを指定されたほか、各アリーナの上も通るように言われ、行ってみたら冒頭にあるような花火が上がったというわけです。

 これ、5つの連続ミッションだったのですが、私と同じように飛んだ他のパイロットが事故を起こしたために救出に行ったり、ドローンを相手にした模擬戦闘を見せたり、ということもやっています。観客も花火だけでは刺激が足りなかったのかもしれませんね。

 ちょっと頑張って仕事をした結果、ようやく私も少しは認められたようで、もっと上の部署のエージェントから仕事をもらえるようになりました。その後、一生懸命仕事をするだけではなく「Connection」のスキルも覚えておいた方が良かったのだということを知って、ちょっと脱力したのですが、まあそれはそれです。

 一応、CL艦にも乗れるようになりました。最初は社長が「昔使っていて今はドックに入ったままの Thorax級使う?」と聞かれたのですが、あんなバリバリの戦闘艦を使いこなす自信がなかったので遠慮させて頂きました。その時点でMサイズのタレットの使い方が分からないという状態でしたからね。なので、お手頃価格でもあった
結構使いやすかったりします
これ…Exequror級に乗っています。社長がCL艦を選んだ時はまっさきに候補から外れたみたいですけど、私の身の丈にはあっています。そもそもそんなに激しい戦闘をするつもりはありませんので、それよりカーゴが大きい方が嬉しいです。他船の修理をする能力が非常に高いので、正に後方支援のための船ですね。
 これでもドローンベイは小さいドローンを 8機搭載できる広さを持っているので、軽ドローン・採掘ドローンを4機ずつ載せています。一応、これのためにドローンを4機まで制御できるように訓練しましたが、戦わせる方は全然覚えていないので戦闘能力を完全に引き出せるわけではありません。それでも、アステロイドベルトで採掘しているときに襲ってくるような小物海賊なら採掘したまま あしらえます。

 もうすぐ新しいエージェントと話ができるようになる…というところで、受けたお仕事もちょっと変わっていました。随分可愛らしいお人形を運ぶという仕事だったのですが、そのお人形を見るなりエージェントの様子が激変しました。詳しいことは話したがらなかったのですが、酷い過去がエージェントにはあったみたいで、それに関係しているようでした。
 その後、指定された宙域で同じような人形を受け取る、という仕事を幾つか受けました。中には「岩の中に埋められているので採掘して探しだしてくれ」なんてものまで。そこまでして5つ以上のお人形が集まったのですが、最終的にそんなことをしでかした人間をエージェントは突き止めました。
弱肉強食…
 最後の仕事は、その人物の乗る船を沈め、死体を持っていくこと。その相手も情状酌量の余地はなさそうだったので言われたとおりにしましたが、「この仕事が終わったら次のエージェントと交渉を始めよう」と思っていた相手の意外な一面を見たのでした。


 というわけで別のステーションに行き、新たなエージェントに接触してみました。周囲のセキュリティレベルも高く、安心して仕事ができそうな場所なので、恐らく拠点をそこに移すことになるでしょう。

 そこで軽く幾つか仕事を受けてみたのですが、その仕事が一段落したところで、ふとAURAが仕事を出しているステーションを発見しました。
これがチュートリアルのようですね
 どうやら初心者用の教育プログラムが今更動いたようですね(笑)。
 これはミッションの形をしているのですが、AURAが宇宙で生きるための基礎を教えてくれます。正直、私には分かっていることばかりで退屈なのですが、これ…ミッションの形をしているので、終わらせないとジャーナルから消えてくれません。なので、非常に面倒な気分になったのですが、ミッションを片付けることにしました。

 ところが、これが4つぐらいの連続ミッションの形になってて、意外に時間がかかってしまいました。
 途中で「ポッドかルーキーシップでなければ通れない加速ゲート」というのがあり、ポッドで行く羽目になりましたが、その先にルーキーシップがあってそれに乗り込むという形になりました。一応、その他に Civilian装備ではないタレットと修理装置を支給してくれるので、決して悪いわけではないのですが、さすがに間に合っていますしね。

秘密の学校
 でも、そのミッションの中で「星域に隠されたアカデミーに行くように」と言われたところでは面白いものを見ることができました。巨大な学校施設と思われる建造物の周りに何やら浮かんでいます。よくよく見てみると、連邦領内で使われるBS艦を始めとする、船が展示されているようです。AURAがその中の一つをどれでもいいので見るように指示してきたので…
社長の目標
 社長がいずれは乗りたいと言っていた Hyperion級をゆっくりと眺めてきました。
 見るからに大きな船です。Gallenteの伝統に真っ向から逆らい、ドローン主体ではなく砲で戦う船なんですよね。社長…CL艦も砲が主体の Thorax級を選んでましたね。でも、今はバリバリのドローン使いだったりするんですが、どこかで砲撃に燃える魂を持っているのかもしれませんね(笑)。




 FanReiの話はこれぐらいにしておきましょうか。ちょっと言わずにはおれないこともあるので(時期は随分遅いですが)。

 EVE Onlineは本格的に日本語での展開を始めるようですが、まさかネクソンと提携するとは…。

 今のところ課金をネクソンが一手に引き受けるわけではないようですが、そうしなければダメとか、ネクソンらしいアイテム課金の手法(無料と言っておきながら結局有料コンテンツなしではまともに遊べない感じ)が横行するようであれば、EVE宇宙から去ることも考えようかな…と思っていたりはします。

 なんか、好きで楽しんでるゲームがどんどん変な方向に向かっていきそうで、微妙な気分です。思えば、私…そういうパターンばかりのような気がする…。もう潮時なのですかねえ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック