★★★ twitch動画埋め込みについて ★★★
2020年7月より前の記事について、twitchの埋め込み動画が全てエラー表示出ていると思います。これは twitchの仕様が変わったためで、全部直して回る余裕は正直ない状況です。
エラーになってる画面上部のゴーストっぽいアイコンや、画面右下の「twitch」という文字をクリックすると、私の twitchチャンネルの当該動画に飛べますので、動画をご覧になりたいときは、この方法をお試しください。

[EVE]星の海を行く生活 -初めての艦隊-

 新PCになったことで、EVE Onlineでやってみたいと思っていたことがありました。

初Fleet
 それが「Fleet(艦隊)」です。
 なにぶんにも一匹狼だった Lindveltですが、2アカ目という形で擬似的な仲間を得ました。コールドスリープ状態が長く続いたとはいえ、その間もスキル学習は続けていた結果、それなりのスキルが揃っている Lindveltの感覚のままだと、FanReiに Kill Missionをやらせようとした時に危なっかしくてしょうがありません。
 そんな事情もあったりなかったりして「ここはひとつ、艦隊というのを組んでみよう」と思い立ったわけです。新PCはクアッドコアということもあり、EVE Onlineのクライアントを2つ同時に起動しても全く小揺るぎもしません。CPU負荷は30%前後というところ。何のストレスもなくどちらのウィンドウでも別々にジャンプやワープを繰り返せます。

 とりあえずLevel 1 Kill Missionに無理やり突撃して、傭兵部隊(Mercernary)にDDを沈められかけた FanReiを見かねて Lindveltが ASで加勢する…というところです。ASが加勢って、Level 1ならオーバースペックもいいところですけどね(笑)。ただ、あんまり余裕が無いと1人で同時に操作しきれないのでそこはそれ、です。

 とりあえず艦隊を組むところまではすんなり行ったのですが、FanReiのミッション宙域に Lindveltをワープさせる方法が分かりません。その宙域のブックマークを渡せば良いのかな?と考え、まずは FanReiにワープさせてから、Fleetウィンドウをいじったら「そのメンバーのところにワープする」というコマンドを発見。
いざ戦場へ
 これは FanReiから見た視点です。ここにいた敵船は FanRei一人ですでに沈めているのですが、その先にいる敵船のうち2隻が痛いミサイルを撃ってくるんですね。で、1隻はどうにか沈めたのですが、もう1隻を沈める前に こちらがやばくなったと。逆に言えば、修理を済ませてもう一度行けば、一人でもクリアはできるとおもうのですが、そこは艦隊の操作練習を兼ねて…というところです。
 全く何も知らないままでは、いざという時に迷惑を掛けかねないですからね。

 ともあれ FanReiが持て余すのは1隻だけなので、それは Lindveltが相手をして、残りの新人(Mercernaryの Rookie)は FanReiが引き受けます。Rookieだけなら FanReiもさすがに遅れは取りません。
相手悪すぎ
 FanReiが Rookie相手に戦い始めるか否かというぐらいのあっという間で Lindveltのターゲットは爆砕しました。
 向こうの敵傭兵たちも焦ったでしょうね(笑)。こちらの攻撃で沈みかけて逃げ出した船が、性懲りも無くまた現れたと思ったら、とんでもない助っ人付きだったわけですから。Lindveltの駆る Ishkur級ASは FGサイズなのに Light Scout Droneを5つ搭載できるというイカサマみたいな船なので、正直 Droneを展開するだけで事足ります。

 あくまで艦隊行動の練習ですから、その辺のズルさには目をつぶっていただきましょう。
 やったことのないことにチャレンジするというのは、それがどんなものであれ楽しいですね。

みんなでサルベージ
 敵船の残骸からはもちろんサルベージを忘れません。2人でやればこれもはかどりますね。
 Missionに関してですが、Lindveltの加勢があるなら Lv2 も多分余裕ですね。それを受注できるように、まずは Standingを上げなければなりません。
 新ノートPCのおかげでモチベーションが上がっている…気はします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック