DOL:戦う冒険家 -とある酒場の光景-

 「大航海時代Online」の街には必ず「酒場」があります。あ、イスラム圏では お酒が禁じられているので「休憩所」となりますが、その機能は一緒なので、本記事では「酒場」で統一させていただきます。

 酒場は「飲み物と料理を食べて行動力を回復する」というのがメインの目的となる施設ではありますが、それだけでなく、自分の船に乗っている船員におごったり、副官を紹介してもらったりと誰もがお世話になること疑い無しです。
 他にも冒険者にとってはクエストで情報を誰が握っているのか確認するのに欠かせません。無論、Wikiを見れば全て分かってしまうのですが、自力でクエストを完遂しようと思って、情報を誰が持っているのか分からない時は、酒場でマスターに相談するに限ります。マスターはずばり誰が情報を持っているのか教えてくれますし、何も教えてくれないなら その街ではそれ以上情報を集められないという意味になります。
 また、冒険初心者向けにトラブル発生時の対処方法を教えてくれたり、各地の相場の情報を断片的に教えてくれたりもします。慣れた人にはどうということは無い情報でも、プレイしたての人にとっては「へー」と思うことが多いですね。


■そしてやっぱり冒険者ですから

 でも特にプレイの励みになるのは、その時々で何か大きなプレイをした人の噂を教えてくれることでしょうか。

 PK活動に勤しめば海賊として噂になるし、大きな取引を成功させたときも「羽振りがいいらしい」とか「大きく儲けた」とかいう噂になって、酒場のマスターが教えてくれます。そして、冒険者も『テノチティトラン』を発見すると、「珍しいものを見つけたらしい」というような噂となって、各地でささやかれるのです。
 ヴァルザートが先日のテノチティトラン・ツアーで、自力のクエ出しにこだわった理由も、まさにこれ。自分でクエストを出して発見しないと、さすがに噂にはならないので、そのためだけに冒険名声6万を目指したと言っても過言ではありません。

 実際に『テノチティトラン』を発見した後、チャットで「~の街でヴァルさんの噂聞いたよ~」というようなことを聞くと、やっぱり嬉しくなります。その後も『テノチティトラン』を発見した人は何人も現れていますが、時折私の名前が挙がる事がいまだにあるみたいで、「おや」と思ったりすることも まだあります(笑)。

 これ、自分でその噂は聞けないんだろうなあ、と思っていたら、「ちゃんと自分のことも聞ける」とのことで「なに~」と大急ぎで酒場に向かい、安い酒を浴びるように飲んでみました(出来るだけ酔わないようにして、回数を稼ぐためね)。すると・・
なんか嬉しい
 こうやって面と向かって言われると、なんだか照れますね(笑)。

 また、酒場には必ずいる NPC船乗り も噂のことを話してくれると聞いたので、普段は殆ど奢ったこと無いのに、各地で船乗りにも酒を奢るヴァルザートの姿が目撃されました。
やっぱり嬉しい
 吹き出しサイズの都合で途中で切れてますが、「船乗りの間じゃあんたのウワサで持ちきりだぜ」と続きます。
 やっぱりそうやって言われると感慨もひとしおですね。

 ただし、ヴァルザート一人で発見できたわけではないので、これは一緒に戦った皆さんに対する勲章ですね。
 -月の舟-では先日一緒に行けなかった人たちのために、もう一度テノチティトラン・ツアーが行われ、今回は援軍としてヴァルザートも参加した・・のですが、その海戦は・・
これは初戦敗退時の様子
 ・・かなりの大苦戦でした(滝汗)。壮絶な集中砲撃を食らって各員が沈められ、一回目は敗退の憂き目に・・。この時は装甲の薄いガレーではなく、新造されたばかりの大型ガレオンに乗っていたのですが、全く耐え切れませんでした。
 先回のツアーでは、敵旗艦を首尾よく沈めることが出来たわけですが、これは相当に運が良かったのかもしれません。ていうか、一人ではどう考えても無理ですね。


■それから酒場と言えば!

 忘れていけない存在は酒場娘ですよね(ホントか?)。
 ゲーム的にはクエストの報告をするために欠かせない存在である彼女たちですが、それだけでなく貢物(アイテムのプレゼント)をしたり、初めて行った街や 地図で見つけた発見物のことを話して聞かせることで、さらに仲良くなれます。
ここまで言ってくれるのになあ
 仲良くなってから話しかけると、それはもー思わせぶりな台詞をたくさん聞かせてくれるのですが、さらに仲が良くなると「お泊り」のボタンが現れて、行動力が全回復できるのです。これは一度見てみたいものです(笑)。普通に話をしていると、そこまで仲良くなった他プレイヤーの名前を口に出してきたりして「キーッ」となったりもします(ある程度仲良くなると言わなくなりますが~)。

 世界各地でクエストを受けられる街には必ず酒場娘がいて、みんな個性的なのですが、女性プレイヤーを意識してか(謎)、カリブのポルトベロにはラウル、中東のアデンにはサハル、という男性もいたりします。絶対数は少ないですが、そんな彼らをターゲットにしている人たちも無論います。
いや、すぐそこに・・
 最近、連泊状態だというスルジェさんのことも話してくれたんですが、・・・ええと、あなたの目は節穴ですか(笑)。

 色々な悲喜こもごもを垣間見ることの出来る空間、それが酒場です。


大航海時代Online ~Cruz del Sur~
コーエー
2009-04-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック