そんなTOSの一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪山遭難ハンター(2) -よたよたと先輩の後ろをついていく- (MHP2G)

<<   作成日時 : 2009/08/17 06:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「モンスターハンターポータブル」シリーズは PSP こと 「プレイステーションポータブル」 が爆発的に売れる起爆剤になりました。・・いや、なったらしいです。私はPSPを買うつもりは全く無かったので知らなかったのですが、そういうことらしいです。

 買ってみて、その理由がなんとなく分かった気がしています。
 もちろん普通にソロでプレイしていても楽しいのですが、アドホック通信による協力プレイが可能である・・というのが、なにより大きいですね。普通に会話が出来る程度の距離なら、本体+ソフトだけで簡単に4人同時プレイが可能、というのは かなりお手軽です。

 会社にはそれこそ一年前からやりこんでいる凄腕ハンターが何人かいまして、彼らの協力を得て Clouseのハンターランクは4になったわけですが、これもキークエスト→緊急クエストと一直線に突き進み、ほとんど1日で成し遂げたのでした。
 ただでさえ足が遅く、技量が低ければ邪魔なだけのガンランスを担いでのことです。大した役には立っていません。いや、むしろ足手まといだったことでしょう。私も何と戦っているのか正直よく分からないまま、ただただついていくだけでした。・・ついていくだけなら まだしも突っ込んで(ガンランスなので宿命でもあります)勝手にやられてキャンプ送りというのもしばしば。

 果たして彼らのように戦えるようになるのか? と首をひねりたくなるよな惨状でもあります。

 ともあれ、私の周りで狩りをやっている人をざっと数えると・・6人はいます。全員参加の場合は2パーティーに別れなければなりません(笑)。みんな個性的な戦い方を見せてくれるのですが、そうやって協力してプレイすると これがまた楽しいんです。
 私は幾つかのネトゲで「皆でやる」ということを経験はしているので分かってはいたのですが、皆で狩りに行く・・ということは、やはり想像以上に楽しいことだったんですね。自分は戦力外だとしても、いやだからこそか、ソロで戦うのとは格段に違う楽しさでもあります。
 大型モンスター探して皆でマップを走り回ったり、皆で切った尻尾剥ぎ取ったり、時には妨害して転ばせたり(笑)、爆弾樽を置いて爆発に巻き込まれてみたり(初めて爆死した時、一瞬何が起きたかわかりませんでした・・ターゲットが同時に倒れたので)。

 とにかく手軽に皆で狩りに行ける・・・これがPSPを爆発的に売るキラータイトルとなった要因であることは疑いありません。

 ・・・というわけで、シェンガオレンも無事に倒し(・・いや倒していただき)、Clouseのハンターランクは4になった次第です。
 あれよあれよという間に上位ハンターになってしまいました(笑)。


■今は復習と研鑽の日々です・・

 なぜここまで急いだか? というと・・。
 ここまで話を進めておくと、素材生産の一大拠点である ポッケ農場 を大幅に強化できるようになり、キッチンアイルーも5匹まで雇えるようになるからです。ここまでやれば、先輩ハンターと環境的にはほぼ同じになります。

 となると、後は何が足りないか?
 強い装備・・もさることながら、何と言ってもPS こと プレイヤースキルです。

 ただでさえ、初心者向きとは言えないガンランスを無理矢理使っていますから、武器の特性をしっかりと覚えて使い込んでいかないと、どうにも使い物になりませんからねえ。そのために考えたのはソロプレイ用という位置づけになっている 『村長クエスト』 をきっちりと全部こなしていこう・・ということです。
 皆でも狩りに行けるほうは 『集会所クエスト』 と呼ばれ、ハンターギルドから請け負うものなのですが、ある程度のランクの武具でないと、一人でこなすのはかなり難しいです。その難しさの最たる要因は、「大型/中型モンスターのHP」です。複数で行くことを前提にしているからでしょうか、『村長クエスト』と同じモンスターでも、HPが倍になっているのです(さらに上位・G級となると、さらにHPは上がり防御力なども向上します)。

 そんなわけで大して操作にも慣れていない初心者は、まず 『村長クエスト』 をきっちりこなすところから始めないと、もうやってられないはずなのです。こっちをいくらやってもハンターランクは上がらないんですけどね。
 しかしまあ、HPの差こそあれ ハンターランクを上げるために皆で戦った(というか他の人に討伐してもらった)モンスターといずれは一人でやりあわねばならない・・ということで、いやがうえにも緊張感が増します。

 それでもどうにか村長クエスト★3までは全てクリアした・・というところです。とりあえず初心者の泣き言を・・。


★1クエスト

 さすがに大型/中型のモンスターが出るようなクエはありません。それでも、操作に慣れないうちは小型モンスターでもそれなりに苦戦します。特にガードしないとどうにもならない局面でハマることが多いため、Clouseはしばらく「守護のピアス」を着けて、オートガードを発動させてました。

 なーんて思いながらヒィコラしてたら、「忍び寄る気配」という単なる採集クエで、いきなりティガレックスですよ。あまりの絶望感に一回リタイアしちゃいました(笑)。オープニングでプレイヤーを行き倒れかけさせた奴です。当然勝てる道理がありませんので、遠巻きにして逃げるように必要なアイテムの採集をすることになります。

 まあ、それに驚かされたぐらいで、あとは大過なくクリアできました。

 ★2に上がるために倒さなければならないのは「ドスギアノス」です。とうとう現れた「他よりちょっと大きい奴」ですね。最初戦ったときは緊張の連続でしたが、そのうち新しい武器の試し切りの相手になってたりします。上位で出てくるドスギアノスにはなぜか1回は倒されてしまうのですが、これは私の未熟ゆえですね。


★2クエスト

 少しずつゲームっぽくなってきます。雪山以外に、砂漠や密林といった場所に行けるようにもなります。それらの場所で「素材ツアー」のクエをやれば、各エリアのマップを確認も出来ますね。
 ボスクラスとも言うべき「ドス」が付いた中型モンスターが登場し、これを討伐しなければならないクエストも多くなってきます。「○○を10体倒せ」なーんてクエでも、関係ないのに中型モンスターが現れたりするのも泣けます。倒せる算段が付くようになれば、ちょうどいい素材収集ってことになるんですけどね。

 このランクで出てくる大型/中型モンスターは「ドス」が付いた「ちょっと大きな奴」なのですが(ババコンガは ドスが付かないけどコンガの大きな奴ですね)、イヤンクックは初めて会う大型モンスターということになりますか。
 ただ、イヤンクックは思ったより楽に倒せました。これは氷属性の武器 ヘルスティングが比較的速く完成していたことも要因かもしれません。調子がいいときは場所移動を許さずその場で倒すことも出来るぐらいでした。・・よくよく調べると「クック先生」と呼ばれ、立ち回りを練習する恰好の相手なのですね(笑)。

 逆に大苦戦だったのが ドスガレオス でした。ただでさえ戦いづらい砂漠で、しかも殆ど砂中に身を隠している状態が多い このモンスターを倒すのにはちょっと難儀しました。音響弾をいかに巧く使うかですが、支給される数では全然足りないのと、まだ楽々自作できるほど材料は無かったことが、苦労の理由ではあったのかも。

 ★3に上がるためには フルフル を倒さなければなりません。無論、大苦戦です。
 きちんと分かっていれば、ガンランスだと戦いやすい相手なのですが、不慣れなうちは辛い。ここが、最初にプレイヤーにぶち当たる壁である・・というのも納得です。電撃を発するのですが、この段階では電撃に有効な防具はあまり揃っておらず、むしろマイナス修正になっているものが多い・・というのも苦戦の一因といえそうです。
 初めて倒したのは、会社の休み時間(それも昼休みでは決着が付かず、一時停止して夕方の休み時間に倒した)だったのですが、「よし、倒した!」と思わず叫んでました。・・ガンランスは炎属性の武器がなかなか作れないのもネックですねえ・・いや砲撃や竜撃砲は確かに炎属性を持っていますが・・。


★3クエスト

 沼地や森丘にも行けるようになります。倒さねばならないモンスターもどんどん増えていきますね。
 だいぶガンランスにも慣れてきましたが、とにかく操作が雑だからか、大型モンスターを狩るクエストでは1〜2回は必ずと言って良いほどキャンプ送りになります。正直情けないのですが、それでも一応何とか倒せてはいます。

 特に大苦戦したのは ガノトトス亜種。
 原種の方は割と簡単に倒せたのですが、亜種の方には何故かえらく苦戦しました。3回倒されてクエスト失敗になること幾多。どうにか竜撃砲で止めを刺すことに成功したとき、精神的にも力尽き そのまま眠りについたぐらいでした。なんで あんなに苦戦したのか分からないのですが、もう一回戦うためには もう少し精神力を回復させる必要がありそう。

 逆にイヤンクック亜種とかゲリョス亜種とかは一度もキャンプ送りになることなく、すんなりと倒せてしまいました。それなりにガンランスの扱いにも慣れてきた・・ということなのかどうかは分かりませんが・・。
 自分の腕の上達を確認する意味でも、ガノトトスやフルフルは、あと何回かは狩って練習する必要がありそうな気はします。素材的にも欲しいものがありますのでねえ。

 ★4へ上がるためには、ドドブランゴを倒さなければなりません。
 さすがにここまで来ると、かなりの難敵です。それでもどうにかこれを倒し、★4まではいけるようになりました。ガノトトス亜種ほどやり直した記憶はないですが、決して弱い相手ではありませんでした。これを倒さないと作れない武器がまだあるので、あと何度かは倒しに行かなければなりませんが・・。


★4クエスト

 今、書いた通り ようやく ここまでたどり着いた・・というところなので、★4のクエは殆どやれていません。新たにいけるようになった 火山 の素材ツアーは何度も行って、採掘に精を出していますけどね(笑)。

 出現するのが、ドスランボス×2とか イヤンクック原種&亜種とか、ちょっと考え込んでしまうものもあります。まあ、一度に二体を相手にするのは愚作なので、少し作戦を練らなければ駄目のような気はします。村長クエストは皆で行ける訳では無いですしね。
 ショウグンギザミ・バサルモス・クシャルダオラといった、まだ村長クエでは戦ったことの無い大物も増えてきます。

 そして、★5に上がる緊急クエが出せるようになったら、いよいよ ティガレックス と決着を付けるときがきます。つか、そこまでいけるのかどうか、正直 自信がなくなりつつありますが・・。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログ内検索

Google
このブログ内を検索
WWW を検索

手前味噌リンク

雪山遭難ハンター(2) -よたよたと先輩の後ろをついていく- (MHP2G) そんなTOSの一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる