そんなTOSの一日

アクセスカウンタ

zoom RSS DOL:戦う冒険家 -モアイへの道(4) ハワイキを目指した果てに-

<<   作成日時 : 2009/04/14 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 まずはちょっと地図を御覧頂きましょう。前記事の地図からさらに東に進めたものです。
殆ど海ばかりですね
 かろうじて、サバイー島やアオテアロアが見えているので分かるはず・・ですが、だいぶ太平洋に切り込んでいます。『タヒチ』の場所が アオテアロアから ちょうど北東の方向になることも分かりますよね。


■伝承を求めて (クエスト名:「星を見る島」)

 ここからは航路探しではなく、ハワイキ探しという浪漫を追い求める旅になります(笑)。
それは残念ですが・・
 まずタヒチ島は『ハワイキ』では無いらしいという残念な報告をまずは聞くことになります。というのも、タヒチ島に住む人たちもまた『ハワイキ』から移り住んだという伝承を持っているのだそうです。タヒチ島に住んでいた人々が移住してアオテアロアに辿り着いたこと自体は間違いなさそうですが・・。

 そして、驚くべきことに、タヒチには さらに東へ移り住んだ人々がいるという伝承があるのです。その言い伝えは こんな感じ。
ハワイキにほど近き国ヒバの国、天災に見舞われる。
賢者ハウマカ、夢にて日いずる方角を旅し、新天地を得る。
賢者ハウマカ、かの地を星を見る島と名づける。
ヒバの国のホツ・マツア王、星を見る島に七人の使者を送る。

使者、星を見る島に着き、二人を残しヒバの国に帰る。
ホツ・マツア王、意を決し民を率いて星を見る島に渡る。
ホツ・マツア王、七人の使者を称え、七体の像を建てる。
その像、彼方の故郷ヒバの国を見つめる。

 なかなか興味深いですね。ということは、タヒチから東の方に向かえば『ハワイキ』についての手がかりが得られるかもしれません。またタヒチの傍に『ハワイキ』がある(あった?)・・のかもしれません。

 まずはタヒチからさらに東を目指してみることに。
 既に輸送用高速スクーナーが太平洋における加速を受けても、片道で40日ぐらいが必要な長旅になっています。ですが、東南アジアからオーストラリア付近は、カツオやマグロの好漁場であるため、ランクさえ足りれば「釣り」上げがはかどります。実際、ヴァルザートも・・
順調に上がりました
 「釣り」がR10になりました。実は 遠洋探検家・・「釣り」も優遇スキルなので、伸びが速いし、まだまだ熟練度ももらえます。なので、じっくりとこの先もう少し上げてみることになりそうです。マグロがうまく釣れる様になったら、レアンナに渡して マグステ こと マグロのオリーブステーキ を量産することだって可能になるはずです。これは素晴らしい。

 話が逸れました(笑)。長時間の航海の末、その先には・・
・・やっとここまで・・
 ラパ・ヌイと呼ばれる島があったのでした。
 これを視認したところで、「南太平洋横断航路図」というのが完成して手に入ります。これ「使用効果;測量、地理学+2、考古学+1」という優秀なアクセサリ装備です。すなわち六分儀との同時装備が可能で、使用効果があるから航海中も耐久度が減らないのです。この前のクエストでも幾つか「地理学」ブースト装備が手に入りますが、使用効果が無いため、常に携行は出来ないものばかりでした。

 せっかくなのでちょっと上陸してみました。
美しいビーチ!
 うーん、実に綺麗な白い砂浜ですね。上陸ポイントが この砂浜ということもあってか・・
揚陸艇〜
 船に戻るのも、この小船です。クリックするのではなく、このまままっすぐ進めば船に乗り込めます。

 ただ、伝承で言うような像は見つかりませんでした。
 ともあれこの島について報告するため、ジャカルタに戻ります。これでモアイ探索のための地理学クエストは全て完了です。後は、ラパ・ヌイの上陸ポイントから さらに奥地に入るためのきっかけだけです。


■そしてその先に・・ (クエスト名:「ハワイキを探して」)

 そのきっかけも勿論ジャカルタにて。
今後ラパ・ヌイには何度か行くことに・・
 結局のところ、伝承にあるような「七体の像」というのがあるかどうかを探してみるのが良いのでは? というわけです。これを探すため、再びヴァルザートはラパ・ヌイへと向かいます。

他のどことも違う風景?
 先ほどの砂浜から更に奥に進むと、こんな草原地帯になっています。前回もちょっと回ってみましたが、大きな岩が転がっていたりするだけでした。今回は、その岩をもう少し調べてみることになります。・・ちなみに、この辺り、現れるNPCのレベルは40前後なので、ヴァルザートではやはり歯がたたなそうです。
でも普通の岩にしか見えないですねえ
 大きな岩ですが・・ちょーっと「石像」というには無理がありますねえ。
この辺の岩ではない・・と
 ふむむ。この辺の岩では無いようですが・・でも、これでさらに奥地を探す気になるのです(笑)。

 そして、その奥に進んだ先で・・
いつか見ると誓った光景
 ・・モアイたちは待っていてくれたのです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
DOL:戦う冒険家 -時を越えた「おかえり」-
 ヴァルザートが今回冒険職に復帰したのは「ナンマドール遺跡探索」が第一の目的でした。が、他にもやりたいと思っていたことがありまして、まずはそちらを見に行って来ました。 ...続きを見る
そんなTOSの一日
2009/09/15 22:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログ内検索

Google
このブログ内を検索
WWW を検索

手前味噌リンク

DOL:戦う冒険家 -モアイへの道(4) ハワイキを目指した果てに- そんなTOSの一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる