[UO]まったりブリタニアン -職人工房、北極に移転-

門番について
 すっかり引越しを終えて解体するばかりとなった、旧職人工房です。沼地のように危険な場所で家をパブリックハウスにする場合、出入口を塞ぐための門番として、バーテンダーやヘラルドは欠かせません。彼らさえ立っていてくれれば、害意を持ったモンスターが中に入ることは出来ないからです。その代わり、騎乗せずに連れ歩いているペットも中に入れなくなりますが、そこは近くにテレポーターを置いておけば、それには追随するので心配は要りません。

 そんなこんなで、沼地にしばらく建っていた職人工房は、きれいさっぱり解体しました。それはもう1週間ほど前のことになるのですが、まだそこは空き地のままになっていますねえ。最大ストレージが確保できるとはいえ、危険な場所であることは間違いないですからね。
 もう何回目の引越しなのか・・(ざっと数えると・・(1)元の店、(2)沼地1回目、(3)Cove傍、(4)マラス、(5)北極1回目、(6)再び沼地・・になので、6回目の引越し=7軒目ということになりますか。北極はのどかな場所なので仕事に打ち込めるというのは利点ですね。

メインの作業場は2階になります
 今回は大きく2つの建物に分かれます。入ってすぐ右の階段を上れば母屋です。職人工房としてのスペースは、この2階部分と梯子を上った先までになります。
この辺の構成に変わりは無し
 職人工房としてのスペースに大きな変化は無いです。スペースがあるので、大きな forge(炉)を設置したことぐらいでしょうか (かえって狭く見えるかもですが)。もちろん、鍛冶と裁縫のどちらの仕事も移動せずにこなせます。anvil が机や箱の陰に隠れているので分かりづらいですが、炉さえタゲることができれば作業に支障は無いですしね。
仮眠室ってところ
 梯子を上った先は、仕事の合間に仮眠や休憩を取る部屋・・のつもりです。もっとも、バルク置き場にもなっているので、仕事を忘れて・・というわけにはいかないですかね(笑)。

魔術師の部屋?
 またプライベートエリアとして、魔術師Gazel の自室が作られています。広々ベッドです(笑)。旧職人工房では、あまり 魔術師Gazel の部屋という感じは無かったのですが、今回は一人部屋です。

Lilianはこちらに常駐です
 それから、これが1階の作業部屋下になります。ここはギルドホールとなります。このため、店の屋上においていたギルド用セキュアや薬樽が移動しています。SLWの拠点はこちらに移すこととしました。
調理場
 ギルドホールには そこそこの調理場も用意されています。私のキャラクターたちの中で、ここを真の意味で使いこなせるのは、Michel姉さんだけなので、必要があれば出張してくることでしょう。9周年記念の暖炉とあわせて、ギルドホールを暖かく保ちます。
屋上は遊び場
 ギルドホールから屋上に移動できます。といっても照明が多少あるほかは、遊びのスペースとなっていますが(笑)。広いので、話をするには良いかもしれませんが 寒いとも言いますね。おっと、ギルドストーンをここに設置しようと思って忘れていました。あとで設置しておこう(滝汗)。

さりげなく像を置いています
 で、1階入り口からまっすぐ行った建物の中は、こんな感じ。緑一面の小さな果樹園となっています。もう少し樹を植えることも考えましたが、屋上を突き抜けないようにする様々な工夫が必要だったりしたので、これぐらいに留めておきました。

 例によって、職人工房もパブリックハウスとなっています。魔術師Gazel の部屋以外は誰でも出入り可能です。ハウスアドオンの御利用も自由です。染めタブも使えます・・必要なら横の黒いメタルボックスの中に染め粉も入っています。北極でのテイム修業に疲れ時など、ちょっとした休憩にお立ち寄りください。

ウルティマオンライン 宝珠の守人 新規登録版
 クライアントが欲しい場合はダウンロードできるので、パッケージを買うことの意味はだいぶ薄れてきていますね。また、本来なら「甦りし王国」の方を紹介するべきなのではあるのですが・・・。

ウルティマオンライン 宝珠の守人 新規登録版

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック