[UO]飽くなき戦いの狭間で -基礎訓練やり直し!-

かなり懐かしい気分
「思い出した! こうだ!」
ようやく実力が伴ってきた・・というところか。


 (文字通り)背徳のダンジョンを人々が奔走するようになって何日か経ちました。今回のイベントは、欲の島イベントよりも かなり長い期間にわたって(半永久?)実施されるようで、その分だけアイテム出現率が控えめになっているそうです。まあ、UOで戦闘系のキャラクターを作るのなら、必ずお世話になるであろう場所ですし、多くの人に「ちょっと変わった装備」が手に入る機会があるというのは面白いかもしれません。つか、これでもらえる徳の装備セット・・全部集まったら かなり強い防具になるような気がします。揃えるのはそれなりに大変そうではありますけどね。

 さて、少し前のパブリッシュのおかげで、実は Ordlic も割を食ってました。「剣術」は95を超えているのですが、「戦術」が90に達していなかったため、セカンダリのスペシャルムーヴが使えなくなっていたのです。まあ、大勢に影響は無いのですが「あれ?」と ちと悩みました。そんな彼は、往年の侍Gazel と同じように、Shameで土エレ(earth elemental)を叩いて、スキル上げをしています。回復に少々難がある(包帯は巻けず、Greater Healのみなのです)ため、蟻を相手にするのは ちょっと危険であることと、やはり徳装備イベントが始っているから、という理由ですね。
 徳装備は一向に手に入る気配はありませんが、本来の目的であるスキル上げの方はかなり順調。「剣術」はGMがいよいよ近づいてきましたし、「戦術」も 90を超えてくれました。おかげでセカンダリSpMが再び使えるようになったのでした。土エレはノーマル鉄の oreも拾えるので、fire beetleに乗っている Ordlicにはおあつらえの相手だったりします。

 さて、そんな彼と時を同じくして、基礎的な訓練を突然始めた人々がいます。

回復無しだと やはり死にますね
 それは Andrew。上の画像を見てお察しの方も多いとは思いますが、思い出したように「受け流し(盾)」上げをしました。いや、96を超えたぐらいですが、普通に戦っていても なかなか上がらないスキルなので、どこかで根を詰めるべきだとは思っていたのです。
 そんなわけで、Sherriaに修行用の皮鎧を作ってもらい、その辺の店で買った武器と盾を手に犬猫風呂に漬かること小一時間。無事に Andrewは「受け流し」GMになりました。彼は 純騎士なので、普通に盾をもってこの恩恵に預かります。30%のブロックは地味に大きいですよね。
 武器防具はどれも使い捨てですので、耐久力の減りは気にしません。というか、耐久力がなくなって壊れたらどんな風になるのかな? と見てみたくなって、わざと そのままスキル上げしていました。でも、なーんのそっけもなく消滅するだけなんですね(笑)。一応、システムメッセージは出ますが、見逃されそうな勢いでした。

みんな動物好き(違
 で、Rosallyも「受け流し」が98ぐらいになっていたので、一気に上げることにしました。彼女は動物風呂無しでそこまで上げてはいたのですが「武士道」との絡みを考えると、悠長に実践で上がるのを待ってられなくなった、というところです。
 いつもの和風鎧と着物は脱ぎ捨てて、先ほど Andrewが使っていた皮鎧をそのまま使っています。なんか、皮鎧がトレーニングウェアに見えてきますね(・・それは無いか)。彼女の方は、PS110を導入済みですが、とりあえず「受け流し」GMになったところで、一度休憩と相成りました。

 これで中途半端な状態だった2人のスキルがだいぶ固まってきました。あと、根を詰められそうなのは・・Sherria の「武器学」かな。もう少しで 94ぐらいです。職人作業の上では、GMに上げない限り意味は無いので、腰を据えて武器を見つめなおすことになるかもしれません。

ウルティマ オンライン 2006
 2Dクライアントも自由にダウンロードできるようになった今、パッケージを買うことには あまり意味は無いかもしれないのですけど、各パッケージごとにもらえる特典(2006の場合は「旅のおとも」ですね)は、お金を出さなければもらないものではありますね。

ウルティマ オンライン 2006

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック