そんなTOSの一日

アクセスカウンタ

zoom RSS [UO]まったりブリタニアン -Randeltの新たな挑戦-

<<   作成日時 : 2007/08/05 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 つい最近のこと・・
ゲーム画面が 800x600になったので、キャラの姿が見えなくなりました(笑)
 Randelt の「隠蔽(ハイド)」が GMになりました。彼はトレハン専用キャラクターとして、既に「測量」「開錠」「釣り」をGMにしています。また、「魔法」「評価(EI)」「瞑想」もGMで、今回 7つめのスキルがGMになり、とりあえず完成形になりました。

 ただ、何か物足りない・・というか、(よせばいいのに)どうせなら もっとトレハンのエキスパートキャラにしてみたくなりました。つまりどういうことか?

 「探知(DH)」 と 「罠解除」 を上げてみよう!

ということです。既に周知のように、一般シャードでは、この2つのスキルは基本的にあまり使用する機会がありません。「探知」は自分の家の中なら、「隠蔽(ハイド)」と共に確実に使えるので防犯対策で使う機会があるかもしれないかなあ、というぐらい。
 「罠解除」にいたっては、離れたところから Telekinesis を使うだけで OKなので、まさに覚える機会がありませんでした。派閥戦をやっているなら派閥トラップを見つけるのに使うでしょうし、ハードコアシャードでは Telekinesis を使って罠を作動できないので、トレハンやる場合の必須技能になりますが。

 で、「隠蔽」「瞑想」を削って、「探知」「罠解除」にしてみようかなあ、という気になってきました。ただし、「罠解除」を覚えるためには、「開錠」「探知」を 50以上にする必要があるので、まずは「探知」からです。じゃあ、ちいと ニューヘイヴンにでも行ってみますか・・。

 シーフ系スキルですから、やはり thief guildmaster に聞きに行くのが一番ですね。
市長に御挨拶?
 あ、市長だ。
あ、クレイニンだ
 あ、まだここで寝てるのか、彼は(笑)。

 ・・関係ないところばかりですね。そういえば、ニューヘイヴンには「〜 Instructor」というのがいて、いろいろとスキルのことを教えてくれたり、速いペースで上げられるようになったりすると聞きました。なるほど、各スキルごとにインストラクターがいるようですね。んー、でも、シーフ系スキルのインストラクターっているのかなあ・・。

忍者屋敷でもダメか
 んん・・さすがに厳しいかなあ。忍者屋敷でも「隠蔽(ハイド)」と「隠密(ステルス)」・・それに「追跡」までですね。よくよく歩き回ってみると、「窃盗」や「詮索」もさすがにインストラクターはいないか。

 というわけで・・
猪(boar)はペットかな(笑)
 おとなしく thief guildmasterに教わることにしたのでした。

 しかし、問題はここから。
 「探知」のスキル上昇って実は難易度制なんですよね・・。つまり、適切な難易度のものを見つけなければ、スキルを上げられないということです。しばらくは、街中の箱を調べることになるのかな。いよいよになったら、もう一台のPCでクライアントを立ち上げて、Jasmin(シーフキャラで「隠蔽」GM) あたりに隠れてもらうしかないかもしれません。

 Wiki「Slow Life in Britania」 の「探知」の記述は、この辺の大変さをきちんと書いていないものだったので、

 「罠解除」を覚えられるようになる、50が当面の目標です。

はじうお。
はじうお。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログ内検索

Google
このブログ内を検索
WWW を検索

手前味噌リンク

[UO]まったりブリタニアン -Randeltの新たな挑戦- そんなTOSの一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる