[UO]飽くなき戦いの狭間で -ハロウィンの残り香-

必ず子分も引き連れて湧くんですよねえ
「絶対、最近 数が増えてると思うのよね・・」
連続で湧いた bog thingを さしあたり退治して
一息ついた Michel だった。


 いや、気のせいだと言うのは分かっているつもりではあるのですが、やっぱり沼地で bog thingが湧く頻度が上がっているような気がするのです。幾ら湧いてくれても、こちらのスキル上げに最適な相手なので大歓迎なのですが、同時に複数沸いたら それなりに緊張はします。バード技能の難易度的にも割と適した相手なので、最近は Michel 姉さんが気張ることが多いのでした。

 さてタイトルとは関係のない話から始まって恐縮なのですが、そろそろハロウィンのイベントは収束しそうです。もっとも、その収束のためのパブリッシュは、内装に関する致命的な修正(同じ座標に複数のアイテムがロックダウンされている場合、デコツールで動かせなくなる)が入るかもしれない方が気になりますね。

 とにかく、ハロウィンの「trick or treat」は「物乞い」スキルを持つ Richmond の役目です。あれからも地道にキャンディをおねだりしているのですが、もらえるのはお菓子か いたずら(TRICK!)ばかりです。まあ、死んでも それほど腹は痛まないのですが、いきなり四散すると焦りますよね。そんな彼にとって、一番嬉しいいたずらは・・
待っていたぞ、兄弟!
 今回は ばっちり包帯を用意してあるので、長期戦も OKです。しかし、こんな足場で見物客もいる光景だと、ちょっとしたストリートファイト状態ですなあ。「レスリング(格闘)」「タク(戦術)」「アナ(解剖学)」「包帯(治療)」と順調にスキルが上がっていきます。しかし気づいたのですが、相手も包帯を使って回復しているようです。んー、完全にスキルや持ち物も含めてコピーされている扱いなのですかねえ。
 しばらく時間をかけて戦いましたが、お互いに包帯を使っているので千日手状態になっています。場所は見ての通り Heartwoodなのですが、ポータルをくぐって Yewに行っても 今はついてくるんですね。しかも、いきなり受けるダメージがベラボーに上がっています。ポータル使って逃げることは出来なくなった、ということか。まあ、死ぬ直前で 奴は消えるので良いといえば良いのですけどね。

9人の犠牲者達・・
 Heartwoodを歩いていたら、こんなことに。んー、一生懸命 並べたのですかね(笑)。

 で、今日はどこで野宿しようかな~などと考えながら、のんびり歩いていたら、「Grim Reaper」とかいう赤ネームの黒ローブ姿が目の前を走り去りました。誰かをタゲって追跡しているのでしょうか。相当な足の速さでしたが、追いかけてみました。お、いました、いました・・って・・・
抵抗値0は伊達じゃない!

 ぐはっ、ごふぅ、ピクピクピクピク・・・・

自分の死体を晒すのに抵抗は無し
 ふふん・・。いい太刀筋でした。こちらの物理抵抗値は0なので、完璧ノーガードのダメージでした。しかも出血攻撃のおまけ付き。戦士としての心得が無ければ相手にしない方がいいですねえ。でも、AFがもらえるから、お墓参りに行っていた人は多かったことでしょう。

 「アイテムでユーザーを釣るな」という意見も ごもっともだとは思うのですが、個人的には色々と楽しめるし、時期に応じた変化があると思えば、これはこれで「あり」だと私は思っています。さほどアイテムは手に入りませんでしたが、なかなか刺激的なハロウィンでした。
 Richmond・・格闘家としてのスキルが 50~60になりました。もう少し頑張れば、プライマリSpMが使えるようになってしまいますねえ。しかし、高みを目指すのであれば、物理抵抗値だけでも確保しておかないと、いきなり死んでしまうことになりかねませんなあ。

ウルティマ オンライン 2006
 ハウスカスタマイズ絡みで、色々と問題が出ています。アイテムの消滅は勘弁して欲しいですね。とりあえず、同じ場所にアイテムを重ねるのは避けた方がよさげ? でも、それってスタックオブジェを全否定することになるからなあ・・。

ウルティマ オンライン 2006

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック