そんなTOSの一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりにアークスシップに来た人へ(2) 色々変わってますよね

<<   作成日時 : 2017/06/20 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 それでは、イベント事などのおさらいは前記事で終わりにして、実際のゲームの状況を。まずは端的に列挙しておきましょう。色々突っ込みどころはあるかもしれませんが、個々については この後 幾つか記事を分けてでも書きます。


・ストーリーはエピソード4が終わりました。エピソード3でゲーム開始時からのストーリーは完結となり、エピソード4はエピソード3から2年後(主人公=プレイヤーはその2年間コールドスリープしていた)となり、全く別筋の話となります。それまでと全く無関係というわけではないですけどねえ。
・マターボードはエピソード1-3までで、エピソード4ではストーリーボードというのを進めることになります。ストーリーボードを少し進めると、ログイン後のキャラクター選択時に「ゲーム開始(Ep1-3)」と「ゲーム開始(Ep4)」を選べるようになります。つまりEp1-3と Ep4を同時に進めることは出来ないということです…まあ時系列が全然違いますしね。

・選べる種族は ヒューマン・ニューマン・キャスト・デューマン の4つです
・選べるクラスは ハンター・レンジャー・フォース・ファイター・ガンナー・テクター・ブレイバー・バウンサー・サモナー の9つです。今は全てのクラスをいつでも自由に選べます。ファイター/ガンナー/テクターの解放オーダーは廃止されました。
・レベルキャップは 80 になっています。50〜75までは無条件なので、40の解放オーダーが終われば、自動的に75まで上げられます。そして、80解放は 30/40以来 久しぶりに無条件ではなくなっています(解放オーダーのクリア方法が 30/40のときとは全く違います)。

・クラスレベルを75まで上げるとクラスブーストという能力ボーナス、クラスに応じた武器をいっぱい拾うとウェポンブースト というダメージボーナスが、同じアカウントのキャラクター全員に付くようになりました。どちらのボーナスもクラスごとに存在します。これらのブーストがあると初期キャラであっても 全くの新人キャラより能力値的に頭1つか2つぐらい抜け出ます。武器やマグ次第ですが、VHレベル帯(40台)で★13武器が装備できるぐらいです。

・2017年7月末より、エピソード5が始まる予定です。今度の舞台は惑星ですらない 異世界オメガ(中世ファンタジー風世界)、種族追加はなさそうですが、ヒーローという初の上位クラスが実装予定です。
・ヒーローになるには条件があります。それは打撃職(ハンター/ファイター/バウンサー)、射撃職(レンジャー/ガンナー/ブレイバー)、法撃職(フォース/テクター/サモナー)からどれか1つずつレベル75にすることでもらえる称号を揃えることです。なので同じアカウント内で同一キャラでなくて良いので、誰かが称号を貰えばOKということですね。
・エピソード5では防衛戦と攻城戦の要素を兼ね備える バスタークエスト というのが実装予定です。逆にアークスクエストとフリークエストは配信の予定がないとのこと。

・武器/ユニット以外の装備品として リング が追加されています。L(左)と R((右)の2種が装備でき、特定のクラススキルを限定的に付けたり、武器やアクションの特性を少し変えたり出来るようになります。

・武器の最大レアリティは現在 ★14 ですがドロップ数は相当に少なく、★13 が主力です。★13以上の武器強化はグラインダーではなく、ラムダグラインダーという別アイテムを使います。
・ユニットの最大レアリティは ★12 ですが、★11 もまだまだいけそうではあります。★12ユニットのメリットは Lリングを消費してそのリングスキルを ひとつ付与できることです。
・マイショップで ★10武器・★11武器・★12武器・★10ユニット・★11ユニット を購入する際に必要だった交換パスは廃止されました。それより上のレアリティの武器・ユニットは現時点でもまだトレード不可です。

・マグのレベルは200まで上げられます。そして200になったら「SPオートアクション」という新たなアクションを取ることが可能となりました。200になった時点で一番高いレベルの能力のものになります。だから打撃・射撃・法撃・技量の4種類ということになります。いずれも時間経過で発動可能となり、条件が満たされると発動します(だいたい大型/中型エネミーに攻撃をした時ですが、技量だけは自分がダメージを受けたときのようです)。
・エクスキューブと交換でもらえるデバイスの中に、SPオートアクションもあるので、エクスキューブさえあればいつでも変更可能です。これは既存のアクションやフォトンブラストと同様ですね。
・マグレベルダウンデバイスというのが、エクスキューブ50個と交換でもらえるようになりました。これによって間違ってあげてしまったレベルも下げることが可能です。悲しみのマグとはおさらば。

・武器迷彩という装備カテゴリが追加になっています。これがあると特定種類の武器の外見を固定できるようになります。複数武器種に対応した武器迷彩も多く、その場合対応した武器種であれば変更しても外見を統一できます。
・Ep2のストーリーでは、明らかにウォンド・ソード・パルチザンの技を使うキャラクターがいまして、「見た目、持ち替えてる風にないのにどうやって?」と思ったら。この武器迷彩のシステムを使って武器の外見はそのままで適宜持ち替えるという仕掛けになっていました(Ep1-3のマターボードを頑張っていれば、その武器迷彩はプレイヤーも入手可能になっています)。
・武器迷彩の着脱はオプションの「カスタム」で設定します。アイテムの使用や、武器/ユニットの装備画面でやるわけではないので迷わないで下さいね。

・カジノエリア、艦橋、フランカ's カフェ というエリアがアークスシップに追加され、ゲートエリアやショップエリアから移動できます。クイックメニューから一発で行くことも可能です。
・カジノエリアはその名の通りです。各種ゲームでカジノコインを増やします。そのコインと引き換えで色々な景品がもらえるようになっています。カジノにありがちなゲームは大体揃っています。クエストを受注してそのまま出発することも可能なため、固定でクエストをやる時の集合場所になることもあります。
・艦橋はエピソード4のストーリーを進めるための場所です。これまでに公表された動画を見る限り、今後始まるエピソード5も同様と思われます。マターボードを進めるために Ep1-3で始めた場合、艦橋には入れません。
・フランカ's カフェは食材その他を集めるオーダーを出しまくっていたフランカの念願のお店です。ギャザリングをやる人のための場所とされており、関連するショップが揃っています。クエストを受注してそのまま出発することも可能になっています。ここも固定でクエストをやる時の集合場所に利用されていますね。

・マイルームではクラフトというのが可能になっています。これにより武器・ユニット・テクニック・PAなどをカスタマイズできる…のですが、武器クラフトはほぼ死にコンテンツになっています(★11以下の武器を★11程度には出来るけど、今の主力は★13なので…)。ユニットは限定的にまだ日の目を見ているかな(★11以下のユニットを★11程度に出来、更に特化クラフトによりHP/PPを盛ることが可能)。テクニックとPAのカスタマイズは割とまだ盛んです(ほぼ必須といって良いものも多数あります)。
・プレミアムに入っていない人でも、ミニルームという小さなマイルームに入ることが出来るようになりました。これはクラフトの作業のほか、サポートパートナーへの指示がマイルームでないと出来ないためと思われます。プレミアムを導入した場合、マイルームはA/Bの2つ使えるようになります。

・サポートパートナーとはキャラクターごとに作る、そのキャラ専用の小さなパートナーキャラクターです。ゲートエリア中央エレベーター付近に立っているNPCアスタロテに話しかけると1人は無条件で作れるほか、ACを払って増やせます。パートナーとしてクエストに連れていけるほか、連れていないサポートパートナーとの共闘Eトラが発生することもあります。
・サポートパートナーはアイテム収集系のクライアントオーダーを手伝ってくれます。最初は3つまでですが、最大で10まで手伝ってくれるようになります。そういった手伝いの指示はマイルームでないと出来ません。
・サポートパートナーの武器・防具はプレイヤーの持ち物から選んで装備させます。コスチュームやアクセサリも同様です。このため異性専用の衣装(レイヤリングのBa・In)やアクセサリのチケットもプレイヤーは使用可能になりました。サポートパートナーが異性であれば、そのために使用できるからです。このため同一アカウントで性別が異なる複数キャラを使っている場合は、アクセサリのチケットを使うキャラが正しいか今一度確認することをお勧めします。

・エキスパートブロックという上級者?専用ブロックが追加され、賛否両論となっているかも。ただ難易度XHの緊急クエストはこのブロックでないとクリアできないということすらあったりするので、最終的に入れるようにすることを検討したほうが良いとだけ書いておきます。
・エキスパートブロックに入る条件は
 (1)ソロ専用エクストリームクエスト「天極と地極」ステージ1-5クリア
 (2)★13武器を+35強化
 (3)★12ユニット3部位を+10強化して全て装備
ということをすると得られる称号を全て獲得することです。称号なので、同じアカウント内で誰かが満たせばOKですが、★13武器や★12ユニットはトレード不可のため自力ドロップを目指さなければならないのがまず最初の壁ですかね。あ、(1)のクエストも決して簡単ではありません。

・行けるクエストエリアは、惑星ナベリウス(森林・凍土・遺跡)、惑星アムドゥスキア(火山洞窟・浮遊大陸・龍祭壇)、惑星リリーパ(砂漠・地下坑道・採掘場跡)、惑星ウォパル(海岸・海底・浮上施設)、惑星ハルコタン(白ノ領域・黒ノ領域)、惑星地球(東京・ラスベガス)の 6惑星・16エリアです。
・クエストの難易度は ノーマル(N)・ハード(H)・ベリーハード(VH)・スーパーハード(SH)・エクストラハード(XH) の5段階になっています。SH・XHは解放オーダーがないため、前の難易度に行く資格があれば、レベルを満たすだけで選べるようになります。SHはレベル50以上で受注可能です。XHは基本はレベル70以上ですが、緊急クエストではもっと厳しい条件になることもあります(メイン・サブともに75以上なんてことも)。

・クエストの種類も増えています(タイムアタック・アドバンス・エクストリーム・ボーナス・ライディング・チャレンジ・アルティメット・バトルアリーナ)。ちなみにタイムアタッククエストは資金稼ぎの筆頭ではなくなっています(上位ですが)。
・エピソードが進むごとに レイドボスが追加され、緊急クエストを通して出現します。
・採掘基地防衛戦 という他と違うタイプの緊急クエストが増えています。
・タイムアタッククエストを連続でやっていると、時々 アブダクション というイベントが発生するようになりました。これをクリアすると、自分のクローン体がシングルパーティーエリアで出現するようになります。アブダクション自体はクエストの難度としては高めです(回復アイテムの補充がままならないのが難度を上げる理由です)。
・フリークエスト限定で、ギャザリングというのが可能になっています。釣りと採掘の2種があり、そこで集めた素材を元に料理やリングを作成します。

・パーティーを組みやすくするしかけが2つ追加されています。一人でクエストに行く自信がない時に、これが出ているのを見かけたら、積極的に参加して良いと思います。
・まず、パーティー設定に「参加歓迎」というのが増えました。これにチェックを入れると、他人がクエストカウンターでクエスト一覧を見た時に、参加歓迎のマーク付きでリストの最初に並ぶようになります。またパートナーでパーティーを埋めていたとしても、自動的に返されてプレイヤーがそのパーティーに参加できるようになっています。
・もう一つのしかけとして「パーティーメイカー」というのがあります。これはクエストのフィールド上に設置するマーカーで、これにアクセスすると、それを設置した人のパーティーにその場で入れるようになります。野良で緊急クエストを始める時に、パーティーブースト狙いでその場限りのパーティーを組む…というような使い方になっています。
・パーティーを組むメリットとして「パーティーブースト」というのが強力に掛かるようになりました。これによりパーティーを組むだけで、プレイヤーひとりにつき+10%、パートナーひとりにつき+5%のトライブースト効果が無条件で付きます。プレイヤー4人パーティーなら+40%、プレイヤー1人にパートナー3人でも+25%であり結構馬鹿になりません。ソロでやる時も、パートナーは出来るだけ呼んでおいたほうが良い理屈です。

・PS4版導入に併せて 3ボタン制が導入され、そちらがデフォルトになっています(PC版・PS4版のみです)。これにより全ての武器でオリジナルコンボが廃され、表裏パレット制になります。つまり違うPAを使いたければ、ボタンを使い分ける必要があるということですね。従来の2ボタン制をそのまま使っている人も結構いるみたいです。

・コスチュームにレイヤリングウェアというのが増えています。これはアウター(Ou)・ベース(Ba)・インナー(In)の3層を別々のコスチュームにしたもので、その組み合わせを色々と楽しむことが出来るというものです。ただデータを作るのが大変なためか、従来のコスチュームが完全に増えなくなったわけではなく、コラボ品などを中心にレイヤリングではないコスチュームもまだまだ増えています。
・アクセサリは4つまで装備可能となり、その大きさや装備位置などを細かく設定できるようになりました。これによりとても面白いキャラクターの外見を作り出すことも可能になっています。
・Ep5ではアクセサリを重複して複数箇所に装備できるようになるほか、同じチケットを2枚使用することでアカウント共通で全キャラがそのアクセサリ(髪型などもと思われます)が使えるようになるのだそうです。

・色々な倉庫が増えています。キャラ倉庫はシップ移動してもついてくるもので、最初は300まで…ACを払って1000まで拡張可能です。OTP倉庫・es倉庫は条件さえ揃えば無料で使えます(基本的にスマホかタブレットの用意が必要です)。拡張倉庫1〜5は若干使いづらくなりました。
・Ep5では 素材倉庫 というのが増える予定とのこと。しかしながら30日レンタル1500ACと想像以上に暴利を貪られることが判明し、私は使用を諦めることになりそうです。

・様々なゲームやアニメとコラボしています。ファイナルファンタジーとのコラボで実装されたオーディンは今もクエストでランダムエンカウントします。ペルソナ5とのコラボは結局コスやアクセサリだけかな。
・リアル店舗とのコラボで、ファッションセンターしまむら とコラボした後、今は ドンキホーテとコラボしています。東京エリアのクエストでマップ上に店舗が出現します。それぞれコラボ商品が発売されましたが、アイテムコードが付いた結果、アークスの壮絶な殲滅能力で発売開始1時間で完売というのが続出した模様。


 既に「むむむ?」となっていますか? エピソード4より前からブランクの空いている人だと、そのブランクの長さに応じて相当色々増えているのは確かでしょうね。さらに詳しい話は、今後の記事で書いていこうと思っています。

 各エピソードでどんな風に新要素が実装されていったかについては、ここでズラズラ書くよりも、公式サイトのロードマップを見ていただいたほうが早そうです。こちらをご覧になれば、いろいろ復習も出来ると思います。ここからは最新ロードマップだけでなく、エピソード1〜4のそれぞれの変遷も見ることが可能です。

 サービス開始当初は、凍土までしか行けなかったし、クラスもハンター・レンジャー・フォースの3つだけだったんですよねえ。何とも大きくなったものです。細かい話はもう少し次以降の記事で書きますが、ここに挙げたぐらいわかれば、まあまあ何とかなるかと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログ内検索

Google
このブログ内を検索
WWW を検索

手前味噌リンク

久しぶりにアークスシップに来た人へ(2) 色々変わってますよね そんなTOSの一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる