そんなTOSの一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 艦橋に連れて来られたその後は(6) -スキルはどうすればいい? サモナー編-

<<   作成日時 : 2016/10/07 09:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 Ep4では サモナー というクラスが追加され、全9クラスから選べるようになりました。
 過去コンテンツ「アークスシップに放り出されたその後は」では以下の記事で、既存の8クラスとそれらが扱う武器に関する簡単な解説をしており、それも Ep4に合わせた記述に修正を終えて【2016年10月版】に更新しています。
 (5)武器の使い方をおさらいしよう
 (6)スキルはどうすればいい? 前編
 (7)スキルはどうすればいい? 後編
 (8)ギアのことを忘れていました

 上記のうち(5)の方には、サモナー専用武器である 奏具(タクト)も追加しましたので、タクトを武器として使うときの注意事項はこちらで…もっともタクトを武器として使っても殆ど威力はないので、マップ内のアイテムコンテナを破壊するときぐらいしか使いみちはないですが…。
 (8)についてはサモナーは関係しないため(装具にはギアスキルがないため)、内容的には既存のままで問題ありませんでした。今もギアスキルが存在するのは、レンジャー・フォース・サモナーを除く6クラスです。
 (6)(7)では各クラスのスキルに関する非常に主観的な意見を書いています。ただ、この2記事は一記事の文字数制限的に既に危険領域に達しているため、Ep4までの変更について既存の記述を整理修正するだけとし、サモナーのスキルについての主観的な意見を本記事で書こうとしています。

 ではサモナーというクラスについて考察します。

 サモナーは非常に特殊なクラスです。開発側は「初心者向けのクラス」としたかったようですが、これを初心者がやったら、他のクラスできなくなるのでは?と心配になるぐらい特殊です。もちろん最初にサモナーをやっても構わないのです。それでもゲームに慣れたら、サモナーが特殊なクラスだと分かるはずです。
 では何が特殊なのか?というと、もちろん ペット の存在です。今のところ、サモナーとは「ペットを扱うクラス」であり、その実力を遺憾なく発揮するために、必ずメインクラスにしなければなりません。これをサブクラスにする場合、ペットは扱えないものと思ったほうが良く、メインにする時とサブにする時で、スキル構成は全く別のものになると考えたほうが良いでしょう。

 サモナーのスキルはペットを扱うスキルと、自分を強化するスキルの2本柱になっています。ペットを扱うスキルの殆どはメインクラス専用となっており、サブサモナーでは使えません…というか、ペットを扱うための武器 タクト はメインサモナーでなければ装備できないので、スキルがどんなにあってもサブサモナーではペットが使えません。
 そんなわけでメインサモナーなら黙ってペット用のスキルを上げないと意味がないし、サブサモナーなら自分強化のスキルにしぼって上げないと意味がない(まあ前提のためにペット用スキルも多少上げるのですが)…そんなクラスです。

 ではその辺を踏まえてスキルを見ていきます。
 まずはプレイヤーにもペットにも効果のあるスキルから。

「ペットスイッチストライク」
「ペットスイッチシュート」

 サモナーの攻撃は法撃依存の法撃ダメージで(プレイヤーもペットも)、その依存ステータスだけを打撃や射撃に切り替えるというメイン専用スキルです。ステータスを眺めて、一番高いステータスに合わせるのが良いということになります。法撃が一番高いなら無理に覚える必要はありません。依存ステータスとダメージ種別は別であることを忘れないでください。つまり打撃依存・射撃依存にしても、ペットが与えるダメージ種別自体は法撃ダメージのままです。

「オールアタックボーナス1・2」
 ダメージを増やします2つに全振りで110%×110%=121%ですね。サモナーにとっては数少ない乗算ボーナススキルなので、メインであろうとサブであろうと基本的に全振りになるかと。

「ペットエレメントウィークヒット」
 弱点属性で攻撃したときにダメージが増えます。ペットの方がプレイヤーより上昇率は良くなります。なのでペット用に上げて、プレイヤーはそのおこぼれに預かる感じです。ペットの属性は一度決めると変えるのが大変なため、属性ごとにペットを用意するのが現実的です。ペットスロットの空きに注意となりますね。

「サブクラスグロウアップ」
 サブクラスに入る経験値が増えるというメイン専用スキルです。ゲームを始めたばかりの人がサモナーをやる場合は意味がありそうです。…が、サブクラスに経験値が入るのは、そのレベルがキャップ-20=今は55になるまでなので、自分のすべてのクラスがレベル55以上になったら無用のスキルになります。
 スキル仕様変更時に配られる全スキルリセットパス以外だと、リアルマネーを払わないとSP振り直しは出来ないため、このスキルを覚えることを勧めてよいかはちょっと迷います。

 続いて、サモナーの本分とも言うべきペット用スキルです。

「アルターエゴ」
 ペットがダメージを受けたときに、プレイヤーもダメージを受けるようになる代わりに、ペットの攻撃力が上がるメイン専用スキルです。アクティブスキルなので、サブパレットに登録して使用する必要があります。
 このスキル、スキルツリーでは一番下の方にあるのですが、割と最重要のスキルなので、敢えて最初に挙げました。ペットを使っていく場合、スキルを振る際は、このスキルに最終的に行き着くことを意識した方が良いと思います。
 このスキルでプレイヤーが受けるダメージはペットの防御力を元に計算されるため、プレイヤーがどんなに良い防具をつけていても無意味です。ペットの防御ステータスを上げるしか無いですね。ただミラージュエスケープなどで無敵になっている間なら、ダメージは受けません。
 全振りで120%なので効果はかなり高いのですが、ボス戦では使うととても危険なことになるケースが多い気はします。ちょっと様子を見て、ペットが頻繁にダメージを受けているようなら、使わないほうが無難かも。

「ペットシンパシー」
「ハーモナイズアップ」
「シンパシータイム」
「イージーシンパシー」
「ロングディスタンスラブ」

 全てメイン専用スキルですね。大元は「ペットシンパシー」です。このスキルを覚えていると、ペットが吹き出しを出して、レスタ/シフタを使ってくれるように要求するようになります。それに応じることで、ペットの攻撃力とHP回復量が一定時間強化されます。これをやるためにはペットにレスタやシフタが届く範囲に戻って貰う必要があります。ペットのPAには必ずプレイヤーの手元に戻るものがあるので、それを使って呼び戻すのが一番簡単かなと思います(肩越し視点で足元を見て通常攻撃させる方法もあります)。
 「ハーモナイズアップ」はペットが要求を出す確率を増やします。「シンパシータイム」は強化される時間を延長します。「イージーシンパシー」は要求後、レスタ/シフタを待つ時間が長くなります。これらのスキルはいずれも威力を上げるものではないため、全振り必須とまでは言えないけど、1は最低でも振っておいて良いと思います(「イージーシンパシー」はSP1だけですね)。
 「ロングディスタンスラブ」があれば離れていてもレスタ/シフタが届くようになるため、いちいち呼び戻さなくても良くなるので、これは覚えたほうが良さそうですね。

「アシストシェア」
 ペットを切り替えても「ペットシンパシー」やシフタ・デバンドなどのバフ効果を引き継げるようになるメイン専用スキルです。SP1でいいものなので、覚えておいても良いかと思います。

「ポイントアシスト」
「サポートファイア」

 「ポイントアシスト」はアクティブスキルなので、サブパレットに登録して使います。これを使うと、その時ターゲットしていたエネミー部位に白いマーカーが一定時間つきます。ペットがそこに攻撃するとダメージが上がります。複数部位を持つエネミーの場合、マーカーを付けられるのは1ヶ所だけです。レンジャーの「ウィークバレット」と似ていますが、実際の効果は違うため弱点にはなりません。このスキルはメイン専用ではないのですが、効果対象がペットのみなので、実質メイン専用となっています。
 「サポートファイア」は、「ポイントアシスト」を貼ったエネミーの全部位にダメージボーナスが付くメイン専用スキルです。「ポイントアシスト」を貼った部分を攻撃した場合は、乗算でダメージが上乗せされます。「ポイントアシスト」を覚えるのだれば、こちらも覚えるべきですね。

「ディアマスター」
 プレイヤーがHPが無くなるダメージを受けた時、確率でペットがそのダメージを身代わりで受けてくれるようになるメイン専用スキルです。またその後 短時間ですがプレイヤーは無敵になります。振るつもりなら全振りかなあというところ。ハンターの「アイアンウィル」に似ているといえば似ています。

「ペットフォトンバリア」
 ペットがダメージを受けたときに一定確率で無効化するメイン専用スキルです。発動確率が全振りでも10%と微妙なのですが、「ディアマスター」でダメージを肩代わりしたときも、このスキルが発動する可能性はあり、その場合ペットもプレイヤーもノーダメージということになります。

「ペットリカバリー」
「リザーブリカバリー」
「ペットエレメントPPリストレイト」

 「ペットリカバリー」は現在読んでいるペットのHPが一定時間ごとに回復するメイン専用スキルです。回復量はわずかですが、覚えるなら全振りで。
 「リザーブリカバリー」は現在出していないペットの回復速度をあげます。メイン専用スキルではないのですが、効果対象がペットのみなので、実質メイン専用です。
 「ペットエレメントPPリストレイト」は弱点属性でペットが通常攻撃を当てたときのPP回復量を上げるメイン専用スキルです。「ペットエレメントウィークヒット」でも書きましたが、ペットの属性を変えるのはなかなか大変なため、基本的には属性ごとにペットを揃えるか、「属性合ってたらラッキー」というスキルになる気はします。

 ここまでがペット専用スキルでした。ではこれ以降は自分強化スキルになります。サブサモナー時は全振りの勢いでいいと思います。メインサモナー時は他スキルへどれだけ振るかの兼ね合いになりますね。

「HPアップ」
「HPリストレイト」
「HPハイアップ」

 サモナーはHPが上げやすいクラスです。特に「HPハイアップ」は効果が大きく、サブサモナー時にもHP増強してくれる点が強み。ただメインサモナー時はペット用スキルとの兼ね合いでSPをどれだけ振るか変わると思います。
 「HPリストレイト」は地味に回復できるので、覚えて損はないと思います。これもサブサモナー時に威力を発揮します。ただ「ダメージはレスタで回復すればよい」という話もあり、特にメインサモナー時は他にSP振るべきという意見もあります。

「クイックリカバリー」
 状態異常にかかる時間を短縮します。かなり短縮できるため、SPに余裕があるなら全振りしても良いかも。ハンターの「プリティーグッド」とも効果が重複します。

「マッシブメイト」
 回復アイテムを使う間 スーパーアーマー状態になりダメージを受けても回復が中断しなくなります。メイト系だけでなくアトマイザー系でも効果があるため、仲間を起こそうとしたムーンアトマイザーが確実に使えるようになることを意味します。SP1でいいし振っておいても良いかと。 

「PPアップ1・2」
 その名の通りPPを上げます。全振りでPP+15だから結構大きいですね。

「全攻撃アップ」
「全攻撃ハイアップ」

 打撃・射撃・法撃を全て上げます。全振りで+200はなかなか大きいです。1ランク上の武器を装備しているのと同じぐらい。ただ「加算ボーナスはレベルが低いうちは強く、レベルが高いと効果が薄れる」というのが一般的ではあります。

「全防御・技量アップ」
「全防御・技量ハイアップ」

 打撃防御・射撃防御・法撃防御・技量をあげます。全振りで防御は+200、技量は+100です。攻撃を上げるほど優先順位は高くないような気はしますが、技量も上がるのはちょっと注目かもしれません。

「PBアドバンス」
 フォトンブラスト(PB)のダメージを上昇させます。SPに余裕があるなら振っても良いかと。
 メインサモナー時はプレイヤーの能力が控えめになる(武器による攻撃力上昇が見込めないため)のでフォトンブラストの威力も低くなり、無用とされていました。その後の修正でペットの能力も加算して威力が決まるようになり、フォトンブラストの威力も期待できるようになったため、このスキルを覚えても良いぐらいになっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログ内検索

Google
このブログ内を検索
WWW を検索

手前味噌リンク

艦橋に連れて来られたその後は(6) -スキルはどうすればいい? サモナー編- そんなTOSの一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる