そんなTOSの一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 艦橋に連れて来られたその後は(4) -更に幾つか補足事項 (コミュニケーション編)-

<<   作成日時 : 2016/10/01 16:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 PSO2をプレイするにあたって、最初に覚えておいたほうが良いかなあということについて、本記事テーマ「艦橋に連れて来られたその後は」の(1)〜(3)でだいたい書きました。またこれに合わせて既存のコンテンツ「アークスシップに放り出されたその後は」の(1)〜(4)を現時点の最新の情報に更新しました。
 (1)行ける場所を増やそう
 (2)レベルを上げるべき理由とは
 (3)どうやってレベルを上げるのか
 (4)ストーリーを進めよう
「艦橋に連れて来られたその後は」の記述と被る部分も多々ありますが、こちらの方も御一読頂ければと思います。

 (5)以降についても修正するべき点はありますが、どちらかというと、必要なのは Ep4で追加された要素の書き足しという側面が強いため、追加要素については、こちらの「艦橋に連れて来られたその後は」で更に書いていく方向にしようかなと考えています。それでもなお「アークスシップに放り出されたその後は」の(5)〜(8)については軽くですが、Ep4時期対応に修正済みです。

 お気づきの方ばかりとは思いますが、「アークスシップに放り出されたその後は」の方は各記事のタイトルに【2016年9月版】みたいな感じで、記述修正した時期が分かるようにしています。(5)〜(8)については最近だいたい修正しましたが、(9)以降は2016秋の大型アップデートが落ち着いてから直そうと思っています。ただ、大幅に仕様的に変わったことはあまりないので、そこまで無意味な情報にはなっていないはず。

 本記事ではロビーにいるときやクエストに出ているときに素朴な疑問となりそうなことを、もう少しだけ書いておこうかなと思います。

■コミュニケーションに関わること

(1)チャットの種類(発言先)

 他のプレイヤーとコミュニケーションをとるにはどうやってもチャットは避けて通れません。PC版/PS4版/Vita版でチャット入力画面にする方法はそれぞれ違います。また同じ機種でも設定によって変わることもあります。基本的にPC版は Enterを押してチャットウィンドウをアクティブにする、Vita版は画面右下の吹き出しアイコンを2回タッチする、というところだと思います。PS4版についてはPC版と操作は準じると思いますが、手元にPS4が無いので未確認です。予め御了承下さい。

 チャットは発言先が幾つかあります。自分が発言をするときは、発言先がどこなのかをよく確認しないと とんでもない赤っ恥をかくので注意しましょう。
画像
 発言先の部分をクリックorタップして切り替えられます。上の画像はPC版のチャットウィンドウを右下からちょっと上に移動させてます。PC版はこのようにウィンドウを自由に移動したり、サイズを変えたりすることが可能です。
 またPC版はカーソルの上下で発言先を選択しエンターを押してプルダウンメニュを開くことが出来るし、そもそも文字入力部分にカーソルがあるときは ALT+左右で発言先をショートカット切り替え出来ます。

 何れにせよ選べる発言先は以下4つです。

【周囲】
 ログウィンドウで字色が白であるため「白チャ」と良く言われます。書いたとおり自分の周囲全員に吹き出しで発言内容が表示されます。クエスト中であれば、同じエリアにいる全プレイヤーに届きます(いわゆる「オープン回線」だと思えば良いかと)。
 ロビー内では、白チャ発言者からある程度離れると、吹き出しの中が「………」となって何か喋ってるなーということしか分からなくなり、更に離れると吹き出しすら出なくなります。もちろん違うブロックにいる人の発言は聞こえません。
 とはいうものの、周りには発言がダダ漏れになるので、発言内容には気をつけたほうが良いかと思います。
 ちなみに…内緒話をする一番簡単な方法はマイルームに全員が移動することだと思います。マイルームなら気兼ねなく白チャでOKです。今はプレミアムセット未導入でも小さいながらもマイルームに行けるので、誰でもこの手段が使えます。

【パーティー】
 ログウィンドウでの字色は水色になります。同じパーティー内にのみ届くチャットです。
 少人数で内緒話をしたいときに、クエストに行くわけではないけどパーティーを組んでパーティーチャットで話す…というシチュエーションもあります。パーティーは4人が最大なので、パーティーチャットが出来るのも最大4人ということになります。ちなみに一対一なら ウィスパー の方が適しています。
 パーティーが組めるのは同一ブロック内にいる人だけです。もしパーティーを組んだ状態で別のブロックに移動した場合、その瞬間にパーティーから離脱します。従ってパーティーチャットも届かなくなります。

【チーム】
 ログウィンドウでの字色はオレンジになります。よく「チムチャ」と略されています。
 同じチーム内に届くチャットです。チームに入ることのメリットの一つだと思います。発言者と異なるブロックであっても、同じチームのメンバー全員に届きます(オプション設定でチームチャットは非表示にする設定も可能です)。
 このシステムがあるおかげでチームに入っていて、アクティブなメンバーがいるなら、その人達にアドバイスを求めたり、クエストについていってもらえるようにお願いしたりしやすくなっています。

【ウィスパー】
 ログウィンドウでの字色は紫になります。「ウィス」とか「Wis」とか略することがあります。ウィスパー=ささやき…ですが、SFらしく言うなら「秘匿通信」といったところでしょうか。
 プレイヤーを指定して一対一でチャットをする特殊なモードです。フレンドやチームメンバーならその一覧からウィスパーが可能です。それ以外では眼の前にいるキャラクターをクリック/タップしてメニューを出したり、メニューの「周囲のキャラクター」から選択してウィスパーを飛ばします。相手が違うブロックに移動しても届きます。
 ウィスパーに対して返事をするときは、発言先をウィスパーに変えるだけでなく、相手をさらに選ぶ必要があります。話しかけてきた相手は一覧の中に自動で入っているので、そこから選べばOKです。複数の相手と同時にウィスパーで会話は可能ですが、相手を間違えないように気をつけないと大変なことになりかねませんので御用心を。

 チームチャットとウィスパーは相手が違うブロックにいても通ります。
画像
 しかしこのエリア移動中のテレパイプ画面からゲーム画面に切り替わるタイミングで、チャットが届かなくなることがあります。必要なら相手に「エリア移動する」と伝えてから移動し、移動が終わったら「移動した」と伝える方が、大事なチャットを見逃さずに済むこともあるでしょう。

 チャットウィンドウに関するオンラインマニュアルはより詳しいことを書いてくれています。
 PC版/PS4版のチャットに関するオンラインマニュアルはこちらです。
 Vita版のチャットに関するオンラインマニュアルはこちらです。


(2)チャットコマンド

 オンラインマニュアルを見るとわかるとおもいますが、吹き出しの形を他の2種類(トゲトゲともわもわ)に変えたり、!とか///といった漫符を吹き出しに付けたりする機能も付いています。アイコンを選ぶことで、これらの入力は可能です。すると発言内容のところに /toge とか記入されるはずです。直接これらの文字を入力してもOKです。これらはチャット時に使用できる「チャットコマンド」というものなのです。

 一覧はオンラインマニュアルにあるとおりなので、代表的なものを挙げてみます。

{色}
 このコマンドを入れた後の字の色を変更します。ただし吹き出しの中だけで、ログウィンドウ上では発言先に応じた色に全て変わります。
 色を示す言葉については、上にリンクを貼ったオンラインマニュアルを見て下さい。単純な英単語ではなく、省略含めた3文字です。…と書いたけど私も時々知りたくなるので、以下に一覧出します。
ベージュすみれ色
{red}{bei}{gre}{vio}
黄色
{blk}{ora}{yel}{blu}
灰色デフォルト
{pur}{gra}{whi}{def}

<pos>
 現在の自分のいるマップ座標に置き換わります。クエスト中じゃないとあまり意味は無いですね。
 主な使いみちはショートカットで「<pos>にて<t>出現!」というような発言を登録しておき、同じエリア内にいる人に合図を送る時でしょうね。大型エネミーなら皆ドロップ欲しいだろうし、皆で戦ったほうが楽ですから。<t>については次に説明します。

<target>または<t>
 自分が現在ターゲットしているものの名前に置き換わります(画面左上に出現するターゲットウィンドウに出ている名前)。エネミーをターゲットしていれば(ロックしていなくても)、そのエネミーの名前になるということです。なのでアイテムを拾おうとして、アイテムアイコンをターゲットしていれば、そのアイテム名になります。
 チャットコマンドの多くはこのように省略形を持つものが多いです。一回のチャットには文字数制限もあるので、わざわざ<target>とかやるより <t>の方が楽ですよね。以後は省略形のみ挙げていきます。

<wp><pa><tc><sk>
 それぞれ「装備している武器」「直前に使用したPA」「直前に使用したテクニック」「直前に使用したスキル」の名前になります。まあPAやテクニックを使うときに技名を叫びたければこれで(謎)。

/a /p /t
 これは発言先を指定するもので、それぞれ「周囲」「パーティー」「チーム」になります。ショートカット登録した発言の発言先は、基本的に現在の発言先になります。つまり周囲に伝えたい場合は、発言先を周囲にしておく必要があります。しかし、発言内容の前に、ここに挙げたコマンドを入れておけば、発言先を固定で決められるようになるわけです。つまり必ず周囲にしたい発言のときは /a を最初に書けば良いということですね。

/ci(表情) (アングル)
 発言するときに自分の顔のドアップ(カットイン)を表示します。/ciの後はスペースを入れずに数字を入れて表情を指定します。アングルは入れなくても良いのですが、入れたい場合はスペースを入れてから数字を入れます。まあカットインはメッセージ入力ウィンドウ内のアイコンでグラフィカルに指定できるので、字で書くほうが早いときや、ショートカット登録したいときは、その時入力された文字を入れれば良いでしょう。
 なおクエスト中にカットインを出すと画面内で邪魔になることがあるため、嫌う人もいます。個人的にもクエスト中には出さないほうがいいかなー?と思います。パーティー内とかならまだいいかもしれないですが。

/vo(種類)
 スペースを入れずに数字を入れると、ボイスを色々実際に流します。他ゲームとのコラボで作られたボイスだと、
そのキャラクター独自の決め台詞などが収録されていますが、それは通常の戦闘では聞けません。そういったものは、このチャットコマンドで再生できます。
 数字は1〜11が実際の戦闘で聞けるものです。1が打撃攻撃時、2が射撃攻撃時、3がテクニック使用時といったように数字によって何のボイスなのかは決まっています。選んでいるのが追加ボイスである場合に限り、12だとWEB用のサンプルボイス、13〜22がコラボボイスの原作キャラの台詞となっています(必ず全部の数字に台詞があるわけではありません)。

/ce
 10秒間、自分をカメラ目線にします。完全にSS撮影用のコマンドですね。
 続けてスペースを入れて後に on と入れるとカメラ目線のままになり、off と入れるとカメラ目線から通常目線に戻ります。

/uioff
 ユーザーインタフェース(HPとかパレットとか)を非表示にします。
 続けてスペースを入れて数字を入れるとその秒数の間 非表示になります(最大600秒)。

 これらの他にメインパレット・サブパレット・コスチューム・武器迷彩・マイファッションを切り替えるコマンドもあります。それらを駆使してショートカット登録しておけば、割と簡単な操作で見た目を変えたり出来るわけですね。ただ一度に発言できる文字数には限りがあるので、そこはうまくやる必要があります。


(3)オートワード (AW)

 マルチパーティークエストで他のプレイヤーとマップを回っていると、何やら色々しゃべっているのがわかると思います。本当にチャットで発言している場合もありますが、オートワード機能による自動発言な可能性もあります。

 オートワードはメニューの「チャット設定」で色々変更できます(ショートカット登録も同じメニューで出来ますね)。
 実際にオートワードの設定を見ると、色々なシチュエーションごとに台詞が決められることがわかります。全てのシチュエーションでオートワードを設定すると、かなり賑やかになるので、その辺は適度に間引いたほうがいいかもしれませんが、この設定により、そのキャラクターの個性を作ることができるといえるでしょう。
 一つのシチュエーションに複数のオートワードを登録することも可能です。その場合、そのシチュエーションになったときはランダムでその中から一つオートワード発言します。
 ゲーム開始時点でも、オートワードはいくつか登録されています。カットインが入るものもあるので、そういうのが嫌な人は設定を修正したほうが良いでしょう。

 他の人の発言がオートワードなのか本当に発言したのかは、実はあまり分かる方法がありません。一応、オプション設定で、オートワードの場合はログウィンドウには残さない、という設定が可能です。そうすれば、ログウィンドウを見て表示されていなければオートワードだと一応は区別がつきます。
 気の利いた人は、台詞のあとに「(AW)」と付けて、それがオートワードだと分かるようにしてくれてるのを見たことはありますが、私もそこまではやっていませんねえ。

 フレンドパートナーで呼ばれた場合も、オートワードは働きます。ただしフレンドパートナーのオートワードは必ずパーティーチャットになります。つまり、フレンドパートナーを呼び出した人と同じパーティーにしか見えなくなります。たとえ設定で /a を付けていても、フレンドパートナー時はパーティーチャットになります。
 NPCパートナーもそのキャラクターに応じたオートワードが登録されており、クエストに同行してもらうときも、一緒にクエストをやってるという感覚で色々オートワード発言してきます。


(4)ロビーアクション

 たまにただ立ってるだけでなく踊ったり、寝そべったりしてるのを見ることは多いと思います。それがロビーアクションです。ロビアクとよく略されます。クイックメニューを開くと「ロビーアクション実行」というのがあり、最初から幾つかのロビーアクションは可能になっています。

 ロビーアクションは主にスクラッチ(AC/FUNどちらも)で入手します。人気のロビーアクションはマイショップでも超高額相場になることが多いです。それ以外だと、FUNショップでも結構たくさん並べられています。またCDなどの特典でロビアクがついてくることも多かったりします(マイショップでは…もちろん超高相場です)。

 実は全てのロビーアクションにはそれを実行するためのチャットコマンドが存在します。チャット入力画面でロビアクも指定できるので、そこでどんなコマンドなのかは確認できます。一覧する機能はない気がします。ファッションカタログ(2016年秋時点で2冊出ています)にはロビアク一覧とともに、そのチャットコマンドも載っていました。

 またPC版の場合 ALT+A〜Zにロビーアクションをショートカット登録できます。基本的なものは入っていますが、オプションでいつでも変更できます。よく使うロビーアクションは登録しておくと良いでしょう。


(5)シンボルアート (SA)

 時々、発言の変わりに色々な小さな画像が出現しているのを見たことはあるでしょうか。それがシンボルアートです。誰でも自由に描くことが出来ますが、色々な図形の組み合わせで描くため、かなり独特のセンスが必要です。それでも、普通のCGのような画像を描ききる職人がたくさんいます。

 シンボルアートは一度見たものなら履歴に保存されます。そこから自分用に保存することが可能です。どちらでも保存されているものは、自分でも同じように発言することが可能です。履歴の方はいずれ消えるので気に入ったものは保存するのが良いでしょう。
画像
 メニューの中に「シンボルアート」というのがあるので、そこから発言します。また /symbol1〜/symbol10 というチャットコマンドで自分が保存したシンボルアートのNo.1〜No.10を発言することが可能です。

 また「編集する」を選べば、オリジナルのシンボルアートを作ることも可能です。シンボルアート自体は基本的な図形を色々組み合わせて描くという独特のスタイルであるため、普通のCGを描くのとはちょっと趣が違うかと思います。それゆえか素晴らしいシンボルアートを描ける人を「職人」を賞賛するわけです。

 ただフリーダムに何でも描けてしまうため、中には下品なものや正直見苦しいものも会ったりします。そのため、オプション設定でシンボルアートは非表示にすることが可能です。非表示になっているプレイヤーにはシンボルアートが見えないので、何かの意思表示にシンボルアートを使おうとするときは、それがちゃんと全員に伝わるか確認した方がいいし、最初からチャットで発言するほうが無難でもあります。

 ネットではシンボルアートのデータをダウンロードできるサイトもあります。ただし御利用は自己責任で。著作権的に完全に黒いのもありますので…。それをどうやってゲーム中で使うようにするかは、ダウンロードできるサイトで説明が書いてあるはずなので、ここでは書きません。


(6)グッジョブ (GJ)

 グッジョブとは気軽に他プレイヤーに送るもので、SNSとかの「イイネ!」に相当するといえば良いでしょうか。
 キャラクターを選んでいきなり送ることも出来るし、マイショップでものを買ったときに売り主にグッジョブを出して感謝の意としたり、パーティー組んだ人にお疲れ様の意を込めて送ったりします。特に送るべきとかいうルールはないので、あくまで自分の気持ちで。見た目が格好いい/可愛い人にグッジョブでも良いのです。

 システム的にはグッジョブを出すとFUNがもらえます(一日にもらえる合計値は決まっています)。
 これはFUNスクラッチに使えるほか、FUNショップでアイテムを購入するのにも使えます。ACスクラッチほど凄いものは殆どありませんが、FUNがあるなら試してみてもよろしいかと。FUNショップの方は結構便利な消費アイテムやロビーアクションも並べられているので、一度見てみることをお勧めします。ショップエリア1階、奥のステージ付近、向かって左側にあります。


(7)フレンド

 他プレイヤーに申請を出すか、申請を受けるかすることでお互いにフレンドになれます。私がここまで見てきた限りだと、先に「フレンド申請してもいいですか?」と確認してから、申請出してます。いきなり出す人は…確かにちょっと失礼かも?

 フレンドになると、「フレンド一覧」に表示されるようになり、ログインしているかどうかがお互いにわかるようになります。またログインしている場合は、どのブロックにいるのか、何のクエストをやっているのか、パーティーを組んでいるのかということも分かるようになっています。

 フレンド一覧からウィスパーを飛ばしたり、そのフレンドのいるブロックに直接移動したりも出来ます。
 またクエスト受注時に同じブロックにフレンドがいてクエスト中だったら、「クエスト中のパーティーに参加する」からフレンドのいるパーティーに直接飛び入り参加も可能です。

 フレンドがビジフォンでフレンドパートナー登録をしている場合、クエスト開始時にそのフレンドパートナーを呼び出せるようになります。

 システム的な云々は前にして、せっかくのネトゲなので、そんな風に知り合い増えたら嬉しいですね。ちなみにシップ3でしたら、私(プレイヤーID:TOSinPSO2)はいつでもフレンド申請歓迎しております(笑)。是非ブログの感想など聞かせて頂ければ幸いです。


(8)ブラックリスト (BL)

 見てられない発言を聞かされたり、自分に対する酷い暴言などを浴びせられたときなど、その相手に付き合いきれないと思ったら、最終手段としてブラックリストの機能を使用出来ます。フレンド登録と同じように、キャラクターメニューの中に「ブラックリストに登録する」というのがあります。

 ブラックリストに登録したプレイヤーの発言は一切見えなくなります。というか、マイショップやアイテムトレードなども一切できなくなりますし、パーティーに参加することもできなくなります。


(9)チーム

 プレイヤーが集まって一つのグループを作ることを、PSO2ではチームと呼んでいます。
 自分でチームを作りたいと思ったら、クラスカウンターの隣にいるチームカウンターに行きます。自分がチームに所属するようになると、チムチャが出来るようになり、そのチームのチームルームに行けるようになります。もっとも最近は自チーム以外の人もチームルームに出入りできるようになりましたが。
 チーム設立の方法は自分でやりたいと思ったら自分で調べると思うので、敢えてここでは書きません。

 ただ初心者相手にちょっと酷いことをするチームもあるので、それだけ書いておきます。
 私がかつて見たのですが、その人は「気がついたらチームに入ってた」といって困ってました。そしてどうすればチームから抜けられるのかもよく分かっていませんでした。
 どうやらいきなりチーム勧誘のオファーを出して、よくわからないうちにそれを受諾してチームに編入されていたみたいです。そういうことも起こり得るので、何かウィンドウ出たときは注意して、自分がわからないものだったら No を選択したほうが良いかなと思いました。

 チームにはそれぞれのルールみたいなものが大抵はあります。その辺をよく聞いた上でチームに入ったほうが良いでしょうねえ。「長期間ログインできない場合は退団を」みたいなチームもありました。入ってる人が納得してるのならそれでいいと思います。

 別にチームに入るのは義務ではないし、あんまり大人数と関わり合うことに苦痛を感じるようなら、無理にチームに入らなくても、何も問題はないと思います。時々チームに入るキャンペーンみたいなのを公式がやることがあり、チームに入ってるとアイテムプレゼントなんてこともあるはあります。



 色々書き足したら、一記事の文字数制限に引っかかったので、クエスト関連の補足事項は次記事に移動します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログ内検索

Google
このブログ内を検索
WWW を検索

手前味噌リンク

艦橋に連れて来られたその後は(4) -更に幾つか補足事項 (コミュニケーション編)- そんなTOSの一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる