そんなTOSの一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 艦橋に連れて来られたその後は(1) -艦橋を出る前に-

<<   作成日時 : 2016/08/10 12:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 アニメからPSO2を始めた人・PS4からPSO2を始めた人が幾らかはいると聞いています。実際 同時接続数が13万を越えたわけですしね。そういった人たちは基本的にPSO2をエピソード4(以後 Ep4)から始めているはずです。Ep4は今年の初めから始まった新ストーリーでして、これを機会にゲーム序盤の流れもかなり再編されました。

 このブログでは「アークスシップに投げ出されたその後は」という割と初心者向けのコンテンツを作っていたのですが、これはEp1-3時期のものであり、特に序盤に書いた記事の(1)〜(4)については、Ep4で変わったものもあります。それについていずれ何か書きたいなあと思っていました。で、少し書きなぐろうというのが、この「艦橋に連れて来られたその後は」という新規テーマとなります。
 まあ、あとは Ep4になって、新惑星(地球)や新クラス(サモナー)が増え、ギャザリングとか新世武器といったアイテム強化の新たな流れが出来ていたりしますし、そもそもマターボードが廃されて、ストーリーボードというのが出来ていたりしますので、それらについても追々触れていければと思います。

 まずはシエラに起こされて、コールドスリープから目覚めるところについて。
 チュートリアルをやるかどうか聞かれます。初めてのプレイの場合はやっておくことを強くお勧めします。
画像
 自分のことを勝手に「相棒」と呼ぶ、アフィンとかいうニューマンの男の子と惑星ナベリウスに飛ばされ、幾つかの基本的な操作についてのレクチャーを受けられます。ちなみにプレイヤーはこれからNPCごとに違った何らかの呼び名なり呼称なりをつけられることになります。アフィンの場合はそれが「相棒」というわけですね。
画像
 少し進めば先輩アークスのゼノと合流します。で、何やら派手な大技を見せられたところで、チュートリアルは終了となります。この大技はいずれ自分でも出せるようになるので、まあ慌てず行きましょう。

 このチュートリアルは、Ep1冒頭部分となっています。ログイン時に「Ep1-3」を選べば、この続きを自分の目で体験することが可能です。が、まずはPSO2がどんな風に進めるゲームなのかをザッと説明しましょう。

 PSO2のアークスとしての活動は、主にクエストカウンターから任意のクエストを受注することから始まります。
 その後はキャンプシップに乗り込んで、そのクエストの現場に移動するのだと思って下さい。
 キャンプシップから現場に降り立ったら、出現するエネミーと戦いながら、そのクエストの目的を果たします。エネミーを倒すとアイテムがドロップします。それを使って自分の装備や能力を強化し、さらに難易度の高いクエストに挑む……その繰り返しが、PSO2というゲームの基本的な流れです。

 無論、クエストに行かずにチャットなどして過ごすことも可能です。ただ、基本的にはクエストをいっぱいこなしてレア装備を拾って、自分を強くしていく…そういうゲームなんだということは理解しておいたほうが良いでしょう。
 自分の目の前にNPCではない生身の人間……画面の先には自分とは別の人がいる…というのがオンラインゲームの特徴であり、それゆえにオフラインゲームでは味わえない人と人との関わりみたいなものをどうしても意識しなくてはならない瞬間はありますね。

 ですから、PSO2を始めた以上、何をやれば良いのか?と問われば、自分が受けられるクエストをどんどん受けてクリアして行きなさい、というのが最短の回答になります。
 クエストをクリアすれば、新たなクエストがどんどん出現します。その過程でレベルもどんどん上がっていきます。それ以外に幾つか視野に入れても良い要素がありますので、それは追々説明できればと思っています。特にクライアントオーダーについては絶対に覚えておく必要があります。それはまた次の記事あたりで。

 ここで Ep4ではそれまでにない選択肢が最初から見えてきます。それがストーリーボードです。
画像
 艦橋でシエラに話しかけることにより、ストーリーボードを任意のペースで進められます。金色のマスについては、それを選んだ場合、ストーリークエストの形で実際に戦闘ありの出撃があることを示します。
画像
 その一番最初の出撃が、ゲーム操作に慣れていない人には意外に難しく感じる可能性はあります。無論クリアが不可能というわけではありませんが、もう少しゲームに慣れておきたいと思うのであれば、無理にストーリーボードを進めなくても大丈夫です。Ep4でゲームを始めていれば、艦橋に行くことでいつでも進められます。

 ただ、最初の出撃だけはタイミングはいつでも良いのでクリアする必要があります。そうしなければ、Ep4の新惑星である地球のクエストを自由に受けられないからです。ですから、以前からプレイしている人も、最低限 最初の出撃だけはクリアしているはずです。
 万が一、返り討ちにあっても、特にペナルティもありませんので、まあひとつ気軽に行ってみるのも良いかもしれません。…もっとも、この最初の出撃は、もう少しゲームを進めないと行けないようになっているので、これに行けるようになった頃にはある程度操作には慣れてきてる…はずですね。


 いずれにしてもいつかは艦橋を出ることになります。ただ、出る前にちょっとお待ちを。
画像
 シエラに背を向けたら、こんな感じになっていて中央が出入り口になっています。その両脇に2つずつ端末があることにお気づきでしょうか。これらは今後長らくアクセスすることになるものが含まれているので、先に説明しておきたいのです。
 上の画像でいうなら、左側にあるのが「倉庫端末」と「ビジフォン」で、右側にあるのが「メディカル端末」と「ショップ端末」です。ゲームをプレイしていると頻繁にアクセスすることになる端末もありますので、それをザッと説明します。


■倉庫端末
画像

 緑色のアイコンが付いた端末で、艦橋以外にもロビー各所やキャンプシップにも設置されています。
 倉庫というアイテム保管場所とのアイテムやり取りを行うための端末です。

 PSO2では最初50個までアイテムを持つことが可能です。これはリアルマネーを使うことで、150まで上げられます(一度上げれば、恒久的に上がったままになりますが、キャラクターごとです)が、PSO2にはいくつかアイテムを保持する倉庫が用意されていまして、そちらにまずは入れてもいいようになっています。

 倉庫端末を使って倉庫からのアイテム出し入れをする…のが基本なのですが、実はアイテムの倉庫への転送は、端末を使わずともどこでも出来ます。アイテムを選ぶと「倉庫へ移動」というのがメニューの中にあるからです。どこでも転送とか、なんとなくSF気分です。
 クエスト中であっても、その場で倉庫にアイテムを転送できます。だから、クエスト中にアイテムが持ちきれなくなり、ドロップしたアイテムを拾えない…ということになったとしても、慌てずアイテムバッグ内ですぐには必要でないものを倉庫に送ってスペースを空ければ良いのです。
 倉庫からアイテムを出したいときは、必ず倉庫端末にアクセスする必要があります。この端末はキャンプシップにも設置されているため、クエスト中でも『テレパイプ』というアイテムを使ってキャンプシップに戻れば、自由にアクセス可能です。

 ちなみに倉庫にはいくつか種類があります。どんな倉庫があるかというと…
・基本倉庫 (200個まで)
・キャラ倉庫 (最初は300個まで)
・プレミアム倉庫 (400個まで)
・OTP倉庫 (200個まで)
・PSO2es倉庫 (100個まで)
・拡張倉庫1〜5 (各500個まで)
となります。

 このうち基本倉庫とキャラ倉庫は無条件で使えます。
 キャラ倉庫だけは扱いが特殊で、その名の通り、そのキャラクター専用の倉庫となります。リアルマネーを突っ込むことで、1000まで拡張可能です(一度拡張した後、継続で課金をする必要はなし)。そしてシップを移動しても一緒に付いてきてくれる唯一の倉庫です。
 キャラ倉庫以外は基本倉庫だけでなく他も全てシップ単位で別々の倉庫となります。そして同じシップにいる 同じアカウントのキャラクター間のアイテム受け渡しに使用できます。シップ移動(これもリアルマネーが必要)する場合、アイテムも持ち込みたければアイテムバッグに入れて携行するか、キャラ倉庫に入れるかする必要があります。

 プレミアム倉庫はプレミアムセット(月額課金)を導入している場合使用できます…つまり有料です。
 プレミアムセットを導入するとPSO2がより遊びやすくなります。倉庫が増える以外にも、他プレイヤーとのアイテム取引ができるようになったり、正式なマイルームが使えるようになったり、ブロック移動時にプレミアムスペースに入れるようになったりするなど、特典が幾つかあるからです。長くプレイするのであれば、やっぱり入れておいたほうが便利かなあとは思いますが、その理由が分かるぐらいプレイしてから、導入を検討すれば良いでしょう。
 ちなみに私はプレミアム無しで最初の半年はプレイして、特に不自由は感じていませんでした(ぼっちプレイだったので、アイテムトレードなども不要だったというのはありますが)。

 OTP倉庫は「OTP=ワンタイムパスワード」を設定することにより使えるようになります。Google認証を導入すると、PC版はログインのたびに、そして誰であっても公式ページからSEGA IDでアクセスする場合(例えばACチャージ時)に、ワンタイムパスワードを入れなければならなくなります。セキュリティ強化の施策です。全て無料で設定できるので、課金せずに倉庫を増やしたければ検討の価値はあります。それ以前にセキュリティ強化のためにやった方が良いともいいますね。

 PSO2es倉庫はスマホゲーム「PSO2es(エスと読みます)」をインストールしてプレイする際に、PSO2のアカウントと連動させたら使えるようになります。そうすることで、PSO2のアカウントのキャラクターでesをプレイできるようになり、経験値はお互いで連動して増やせるようになります。また、スマホ側からもPSO2es倉庫はアクセスできるので、アイテム授受が必要な場合に利用できます。PSO2esでしか入手できない PSO2用のアイテム(武器とか)なんてのもあったりするのです。

 拡張倉庫は月ごとにレンタル料(500AC)を払う必要がある有料の倉庫です。1〜5の5つがあり、5つとも使いたければ5つ分のレンタル料が必要です。ただ複数の拡張倉庫をレンタルしていても、他の倉庫と同じように使えるのはそのうちの任意の一つだけになります。アイテムバッグから「倉庫に送る」で送り先に選べるのも、その任意の一つだけです。また拡張倉庫間のアイテム移動は直接は出来ず、アイテムバッグか他の倉庫を介する必要があります。
 色々面倒に見えるかもですが、500という倉庫容量はやはり魅力です。

 普通にプレイしていると…あっという間に倉庫はいっぱいになります。あればあるだけ使うというのはハードディスクとかと同じ法則です(謎)。最初から増やす必要はないと思いますが、基本倉庫とキャラクター倉庫ではどうにもならなくなってきたら、何らかの方法で拡張を検討することになるでしょう。
 とりあえず OTP倉庫 と PSO2es倉庫 は条件さえ満たせば無料で使用可能になるので、拡張を検討する場合 これがまず候補に上がると思います。

 基本倉庫とキャラ倉庫以外は使用できる条件があります。もし、その条件を満たせなくなった場合、その倉庫に新たに物を入れることができなくなります。取り出しは自由なので、強化用素材にしたい武器防具など、頻繁に出し入れする機会が少ないものをとりあえず貯めこんでおき、敢えて使用継続せずにアイテム保管庫にするというのも一つの利用方法です。

 使用可能な倉庫が全部ふさがっていて、なおシステム的にアイテムを入手した時は、一時倉庫というところに放り込まれます。それからアイテムコードを使った時など、運営からアイテムを配られるときに、最初に置かれるのが運営倉庫です。
 これらはどちらも取り出し専用の倉庫です。

 それから倉庫端末にアクセスすると、ゲーム内通貨であるメセタを預けたり引き出したりもできます。某国内有名RPGのように死んだら所持金が半分になる…なんてことはありませんが、複数キャラを使うようになると、資金をやりくりするときに この機能を使うことは絶対にあるでしょう。


■ビジフォン端末
画像

 紫色のアイコンの端末で、艦橋以外にも随所に設置されています。ただなにげにキャンプシップには設置されていないため、アクセスしたい場合、必ずロビーに戻る必要があります。
 これはゲームをプレイする上で必要な情報の取得などに使用します。

 恐らく、この端末に対する一番の用事は、マイショップにアクセスすることだと思います。マイショップとはプレイヤーが不要なものを売り出すためのシステムです。ゲーム内通貨であるメセタを使った取引となり、その売値は出品するプレイヤーが自由に設定できます。
 マイショップでアイテムを売り出したいときはプレミアムセットを導入している必要があります。マイショップで売られているものを検索したり、実際に購入したりするのには、プレミアムセット導入は不要です。つまり非課金プレイでもマイショップからの購入は可能ということです。

 ただ、アイテムにはレアリティ(星の数で表され、星が4つなら★4というような書き方をする)が設定されており、これが★10〜★12となっている場合、アイテム購入時に別のアイテムが必要で、そのアイテムを手に入れるためには、プレミアムセット導入と同じレアリティの武器や防具入手が必要です。プレミアムセット導入時に限り、必要なレアリティの武器や防具と交換で、マイショップで購入に必要なアイテムがようやく入手できます。そしてそうしたレアリティのアイテムを購入するときに、それを手元に持っておく必要があります。…ゲームを始めたばかりの場合、そんな高レアのアイテムを買っても装備できないものが殆どなので、あんまり気にしなくていいです。
 またレアリティに関係なく「取引不可」となっているアイテムも存在し、それは欲しければ自力で入手するしかありません。

 マイショップの他にも、アイテムコードを入力したり、何らかのキャンペーンで配られたアイテムを受け取ったりするときも、ビジフォン端末を使用します。それ以外にも自分のプレイ実績を見たり、チーム(プレイヤーが自由に作れるグループ…他のゲームで言うところのギルドとかクランとかコープとか)を検索したりするのにも使えます。
 この辺は実際に端末にアクセスして一通りご覧になったほうが早いと思います。この端末を使わずにゲームをプレイを継続することはほぼ不可能なので、折にふれて見てみて下さい。


■メディカル端末
画像

 赤色のアイコンの端末で、キャンプシップにも設置されています。
 アークスシップ内ではメディカルカウンターというのがあり、そこと全く同じ機能となっています。
 クエストごとに効果を発揮する能力強化のドリンクを飲むための端末です。

 ドリンクには「攻撃力強化」「防御力強化」「HP強化」「PP強化」「ランダム効果」という5つのカテゴリーがあり、1クエストで飲めるのは1つだけ、そのクエストをクリアしたり破棄したりすると効果は失われます。
 何を飲むかは割と自由です。特に困っていなければ「攻撃力強化」かなあと私は思います。その他は不安があるのであれば、それを強化するドリンクを飲む方向で。幾つかの中からランダムに一つサブ効果が追加されます。

 ドリンクはクエストに行く前に飲むものではありますが、往々にしてクエスト受注後、キャンプシップで飲むことが多いと思います。ただ、ストーリーボードからの出撃がある場合、艦橋に設置されているメディカル端末からドリンクを飲むことになるとは思います。
 またドリンクの効果はクエストが始まってから30分で切れるので、そういった長丁場になった場合、テレパイプでキャンプシップに戻り新たに飲み直すということもあるかと思います。

 最初はそんなに数がありませんが、メディカルカウンターの近くにいる人の依頼を受けることで、どんどん飲めるドリンクを増やすことが可能です。この依頼(クライアントオーダー)は行ける場所が増えるたびに追加されていくため、その意味でも多くのクエストをクリアしていく必要があると言えるでしょう。
 また、プレミアムセット導入時は、それ専用のドリンクが各種飲めます。ちょっと高いと感じるかもしれませんが、レアドロップ率上昇・経験値増加というサブ効果の中でも人気の高い2つが確実に付くようになるため、ここぞという時はやはり飲みたくなります。


■ショップ端末
画像

 これは簡易アイテムショップというべき端末で、キャンプシップにも設置されています。
 アークスシップのショップエリアには、これと同じことをしてくれるアイテムショップがあり、カウンター越しにその店員に話しかければ同じメニューが開きます。

 どちらかというと、キャンプシップで使用する機会が多いかなと思います。回復アイテムを補充したい時とか、不要なものを速攻で売却してメセタに変えたい時にも使えるからです。キャンプシップにある…ということは、テレパイプで戻れば使い果たした回復アイテムを再び購入して補充できるということですね。


 なお、PSO2は拾ったアイテムを売っての金策は殆どできないと思って下さい。NPC売りをするとあり得ない価格で買い叩かれるのが落ちだからです。それでも捨てるよりは換金したほうが得ではあるという程度です。

 ではPSO2で資金(メセタ)を貯めたいと思ったらどうするのか?
 これに対する答えは幾つか考えられます。

 リアルマネーを使っているのであれば、ACスクラッチで高額相場となっているアイテムを売り抜けるのが一番です。ただそういうアイテムは自分が欲しいということも往々にして多いので(そもそも引き当てるのが大変だったり)、アイテムが余るという(個人的には羨ましい)状況にならないと、なかなか売るまでは行かないかもですね。
 またマイショップにアイテムを出品するには、プレミアムセットを導入する必要があります。…ACスクラッチいっぱいする人が、プレミアムセット未導入ということはめったに無い気はしますが。
 これはちょっと身も蓋もない手段ですが、もう少しゲームらしい方法もあるのでご安心を。ただACスクラッチの高額相場は10M単位になり、そんな凄まじい金策手段は流石に他には無いのも事実なのです。

 現実をもう少し見返すと、次の金策の手段として考えられるのは、デイリーオーダー です。これは左クエストカウンターの隣で受けられます。毎日0時に入れ替わりの発生するクライアントオーダーです。クライアントオーダーに関しては、次の記事に譲りますが、これを受けると、1万〜10万単位の報酬がもらえます。
 ゲーム始めたてだとまだ受けられないはずだし、レベルを上げないと高い報酬のオーダーは受けてもクリアできなかったりしますので、最初から全部こなせるわけではありません。ただいずれはこれもやっていくことになるんじゃないかなあと思います。

 それともう一つはタイムアタッククエストというのもあります。と言っても、このクエスト単体でお金がもらえるわけではなく、これのクリアを条件としたクライアントオーダーを受けることが金策になるのです。ただ、金策としての威力は以前ほどはないので、無理にやらなくてもいいぐらいのものにはなってますねえ。
 これもある程度行けるところが増えないと受注できないし、幾つかはクリアに向けた要領を覚えたほうが良いものもあるため、その意味でもゲーム始めたての場合は気にしなくても問題ありません。



 …端末の説明するだけで、随分な分量になりましたねえ。ただゲームをやっていく上で それなりに知っていたほうが良いと思うことなので、端末に関連付けて説明を書き足しました。次の記事でも、アークスシップ内の施設について解説しながら、こんな感じで関連する情報を書いていきたいと思います。
 まあ一度に全部覚える必要はなく、少しずつやっていけば身についていくことではあるので、あんまり慌てず、まったりと。しかし知らないと損をしたりするものも確かにあるので、時々 この記事のことも思い出してくれたら嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログ内検索

Google
このブログ内を検索
WWW を検索

手前味噌リンク

艦橋に連れて来られたその後は(1) -艦橋を出る前に- そんなTOSの一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる